アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【京都府京都市】漆喰の良さを体感するショールームOPEN!「漆喰で作る枯山水の庭ワークショップ」も

/

他のおすすめ記事を読む
長瀞
癒しのパワースポット、長瀞へ!東京からお手軽に女子旅

目次


ビーブロックス一級建築士事務所は、120年の歴史をもつ京町家を改装し、漆喰の良さを体感することができるショールームを、1月10日(水)に京都市下京区にオープンする。

漆喰の魅力を味わうことができるショールーム


漆喰とは、石灰石を高温で焼いて水を加えた「消石灰」を主成分とする建築素材で、歴史的建造物が多く残る京都では、とてもなじみ深いものだという。

しかし、壁紙など手軽に採用できる建築素材が普及してからは、全国的な傾向として漆喰が建造物に採用されなくなっているようだ。


こうした現状を踏まえ、漆喰が持つ風合いや機能性、国産素材であるという安心感を広く伝えるため、今回のショールームオープンに至った。

特に主力商品「漆喰アートウォールhb」の手軽さや機能性に触れ、漆喰そのものの魅力について知ってもらう機会となることを、切に願っているという。

「漆喰アートウォールhb」について


「漆喰アートウォールhb」は、深みのある陰影を特徴とする、日本の伝統色を用いたアートウォール。京都で古くから用いられてきた本物の染料を使用し、クロス(壁紙)では出せない深みや味のある色むら、光の移ろいを表現している。

この製品最大の特長は、豊富なカラーバリエーション。日本の伝統色を元に作られた藍、やなぎ、つつじ、柿渋、墨茶の漆喰は、空間に日本らしさとあたたかさをもたらす。加えて枯山水、グラデーションを用いれば、オリジナリティあふれる壁になるだろう。


また、漆喰は石灰と水を主原料とするため部屋の湿度を快適に保ち、消臭効果もあるという。

漆喰は大きく分けて、左官職人が壁を塗る「職人派遣タイプ」と、自身で壁を塗る「DIYタイプ」の2種類をラインナップ。プロに作業を任せたい人とじっくり自分で壁を塗りたい人、どちらのニーズにも応えてくれる。

1階はショールームとワークショップスペース


1階のショールームは、つつじ、やなぎ、柿渋、墨茶などあたたかみのある色で仕上げた漆喰を実際に見て、触れることができるスペース。

京町家ならではの火袋やおくどさん(かまど)をそのまま残し、初めて訪れても心が落ち着く和モダンな空間に仕上げられている。

写真だけでは伝わらない漆喰の魅力を心ゆくまで味わえる、唯一無二のショールームだ。


また、ショールームを地域にひらかれた場にしたいという考えから、1階ショールームに、広々としたワークショップスペースを併設している。

漆喰を使って小さな枯山水庭園を作る「漆喰で作る枯山水の庭ワークショップ」をはじめとした各種ワークショップの開催を通して、自然と人が集まる空間を目指すという。

子どもを対象としたアトリエや、レンタルコワーキングスペースとしても活用される予定だ。

2階は設計事務所


ショールームの2階部分は、設計事務所として営業。漆喰アートウォールに関する相談はもちろんのこと、住宅の設計や耐震診断、お店等のデザインまで、建築に関する内容に広く対応する。設計事務所は、祝日を除く月〜金の9:00〜18:00までの営業となる。


漆喰に興味のある人は、ショールームをチェックしてみては。

■ビーブロックス一級建築士事務所 ショールーム
住所:京都府京都市下京区西七条御領町29番0-3
定休日:土・日曜日
営業時間:9:00〜18:00
公式サイト:https://hb.b-blocks.com

(yukari)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録