アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

学生団体 防災meが、「災害復興.info」「災害支援ポータル」の無償提供を開始

/

他のおすすめ記事を読む
ローソン 看板
ローソンのあの伝説のキャンペーンが帰ってきた!早い者勝ち♡超お得なグルメ

目次


学生団体 防災meは、1月6日(土)より令和6年能登半島地震により被災した地域の復興に貢献するべく、2つのサービス「災害復興.info」「災害支援ポータル」の無償提供を開始した。

「災害復興.info」について

「災害復興.info」 使用方法(投稿を行いたい場合)


「災害復興.info」 使用方法(投稿を閲覧したい場合)

「災害復興.info」は、被災状況リアルタイム共有WEBプラットフォームで、画像と詳細情報をつけて各地の情報を、インターネットを通して全世界に発信することができる(写真投稿機能)ほか、募金情報の掲載を行うこと、ボランティア支援や、必要資材・食料品などをマッチングすることが可能。

被災状況リアルタイム共有WEBプラットフォームを使用する一番の効果として、写真投稿機能を使用することで、被災した地域の被害状況をリアルタイムで共有することが可能でき、復興支援などの迅速化の面にも活用できると考えているという。

提供内容は、写真投稿機能を無制限で提供、また、募金情報をサイト上での無償掲載。申請は「災害復興.info」問い合わせフォームから行える。

また、防災meでは、「災害復興.info」の運営にあたり、協力企業と円滑な連携を行うとともに、公式Xアカウントを通した積極的な発信を行なっていくという。

「災害支援ポータル」について


また、防災meは、令和6年能登半島地震より被災した人々への情報の伝達・復旧作業を円滑に進めるため、「災害支援ポータル」Webサイトを開設した。

上記画像は「災害支援ポータル」の画面イメージだ。

Webサイト上では、最新情報やライフライン、その他復旧活動や避難所での生活に必要な情報を随時を掲載するとともに、現在被災地で課題となっている、義援物資の無断持ち込みなどによる交通渋滞などを防止するため、被災地を支援したい人へ向けてのボランティア・義援物資提供・災害義援金などに関する情報を掲載している。現在は開発段階であるが、今後もさまざまなコンテンツを随時追加予定だ。

学生団体 防災meについて

防災meは、福島県発の学生団体。「誰一人取り残さない、新たな形の防災を作る。」というミッションのもと、防災意識向上を目指して、防災啓発活動を行っている。防災メディアサイト「防災me」の運営をはじめ、SNS(公式X:@bousai_me)での動画配信、イベントの企画・出展など幅広く活動している。

災害復興.info:https://saigaifukko.info/
災害支援ポータル:https://lp.bousai.me/saigai-shien
防災me:https://bousai.me/

(角谷良平)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録