ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

時短で楽々!ポリ袋で完結焼かない魔法のハンバーグレシピ

目次

手が汚れない!魔法のポリ袋煮込みハンバーグ

時短で楽々!ポリ袋で完結焼かない魔法のハンバーグレシピ

テレビでも話題! 伝説の家政婦マコさんが考案した「ポリ袋料理」をご存知でしょうか? 今回主婦が大好きな時短・節約・一石二鳥などを叶える夢のようなハンバーグレシピを紹介します! 基本の作り方からアレンジ方法までマスターして、美味しいおかずを楽々作れるようになりましょう♪

主婦絶賛! マコさんが作るポリ袋料理とは?

マコさんが作るポリ袋料理は、その名の通りポリ袋を使って作る料理です。ポリ袋に材料を入れて湯煎すればローストビーフや角煮、ポテトサラダまで作ることができるのです。

さらに、家族に摂ってほしい栄養素も、逃すことなくいただくことができ、旨味もアップします。
ポリ袋に包んで茹でるから、洗い物はほぼゼロ! 大きな鍋を使えば同時調理も可能です。
まるで魔法のようなレシピだと話題沸騰し、レシピ本まで発売されるほど人気があります♪

魔法のハンバーグ作り方

材料

(2,3人分)

・合挽き肉…150g
・豆腐…1/2丁
・玉ねぎ…1/2個
・卵…1個
・パン粉…大3
・塩胡椒…少々

〈ソース〉
・ケチャップ…大2
・中濃ソース…大2
・トマトジュース…大3
・砂糖…大1

〈付け合わせの野菜)
・パプリカ(赤・黄)…適量
・ブロッコリー…適量

①具材をポリ袋に入れる

ソースや付け合わせ以外の材料を全て、ポリ袋に入れてよくこねます。よくこねたら、ポリ袋の底に集めて、大きな一塊にしておきましょう。

ハンバーグを素手でこねると、脂がついて手がベトベトしますよね。
でもポリ袋を具材に入れ、外側からこねるので手が一切汚れません♪ 子どもが話しかけてきても、すぐに動くことができます。

ポリ袋レシピなら、子どもと一緒に豪華なハンバーグを簡単に作ることもできますね!
この時、必ず加熱可能なポリ袋を使用してください。

②ソースを入れる

ソースはあらかじめ混ぜ合わせておきましょう。そのソースを、先ほどのポリ袋に投入します。

そしてポリ袋の口をぎゅっと結んでおきましょう。結び目は上にくるようにしっかりと結びます。
また付け合わせの野菜もポリ袋に入れて、中の空気を抜きながら結び目を上にしてしっかり閉じましょう。

通常のハンバーグソースは、ハンバーグと別に作りますよね。でも、ポリ袋の中にハンバーグもソースも一緒に入れて調理するので、余計な手間や洗い物が必要ありません。使用する調味料も少なく済みます。

ソースに使用するトマトジュースを普段常備していないという家庭も、一本あると便利です。トマトソースやミネストローネなど幅広く料理に使うことができ、しかも簡単に一品増やすことができます。缶と違って開封後も冷蔵庫で密封保存ができるところも魅力的です。

③鍋に入れ湯煎する

大きめの鍋に、平皿を敷いておきます。平皿を入れることで、ポリ袋が変形しなくなるのです。
そしてお湯を沸騰させ、先ほど作った2つのポリ袋を結び目を上にして入れます。ハンバーグの袋は30分ほど、付け合わせのポリ袋は15分ほど湯煎しましょう。
ハンバーグはしっかりと火が通っているか、真ん中を触って均等に火が通っているか確認して下さい。

茹でている間に、お風呂の準備や片付けなど他の家事を同時で進めることができます♪ そのとき、火の元には十分気をつけてください。

朝のうちにポリ袋に食材だけ入れておけば、あとは茹でるだけ! 仕事後疲れてクタクタでも、夕方バタバタせずに夜ご飯の支度を済ませることもできますね。

④お皿に盛り付ける

しっかり火が通ったら、ハンバーグをソースごとお皿に盛り付けます。ハンバーグは大きいので、食べやすい大きさにカットしましょう。
カラフルな野菜たちも一緒に添えれば、豪華なハンバーグの完成です!

ポリ袋の中で肉汁や調味料が合わさり、本格的な味わい深いハンバーグに。さらに、湯煎で仕上げるので、柔らかくジューシーに仕上がりますよ。

ポリ袋ハンバーグのアレンジ案

ポリ袋を使った簡単ハンバーグレシピを覚えたら、アレンジでバリエーションを増やしていきましょう。
例えば、このようなものが考えられます。

・チーズインハンバーグにする
 袋のなかで具材を混ぜた段階で、真ん中にチーズを入れます。溢れないようにしっかりと包み込んでからソースを入れ、湯煎します。

・ソースにきのこを加える
 マッシュルームやしめじなどのきのこ類をハンバーグソースに入れるのもおすすめです。見た目も豪華になりますし、なにも入れないよりも風味が出てきます。

普通のハンバーグでよくあるアレンジを応用して、簡単なのに飽きない鉄板レシピにしちゃいましょう♪

ポリ袋レシピの注意点

使用するポリ袋は食品用やキッチン用で、なかの様子が見えるよう半透明のものを使用します。材質は、熱に強い高密度ポリエチレンと表記された硬くて丈夫なものを選びましょう。また湯煎するので、90度から110度の耐熱性も必要です。

なかの空気をしっかり抜くことで、低温調理が可能になります。そうすることで、熱が均一に通りジューシーに仕上がるので、空気を抜くことを忘れないようにしましょう。

ポリ袋はダイソーやセリアなどでも販売されていますが、表記を確認して購入してください。

まとめ

ポリ袋を使用した魔法のレシピなら、簡単に素早く子ども達が大好きなハンバーグを作ることができちゃいます! ポリ袋を使うアイディアレシピは無限大です。一回作れば簡単さが病みつきになる、ポリ袋レシピ試してみてくださいね。


/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録