アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

あら、なんだか老けました? オバくさい40代の「コスメの買いグセ」3大NGは

目次

 

気温が上がってくるシーズンには、デイリー使いのコスメたちもアップデートを図る女性が多いはず。

しかしこの時期、ちょっと油断して化粧品を選ぶと「コスメを変えたがばかりに、オバ見え路線!」も比較的、珍しくないお話に。

せっかく化粧品を新調するなら、老け見えよりも年齢なり、あるいは若見えを狙いたいのも女心だけに、新しいコスメを選ぶ際には、想定外の失敗だけは避けたいところです。

時短美容家の私、並木まきが「あら、なんだか老けました?」と思われる40代女性ほど、季節の変わり目に“やらかしがち”なNG買い物習慣をお話します。

 

40代が「うっかりオバ見え」を招くコスメのNGな買いかた1:お試ししない指名買い

 

雑誌やウェブで見かけた「これ、良さそう!」「欲しい!」と思ったコスメを、テスターでお試ししないままに、オンラインやパケ買いをしてしまう癖があると、想定外のオバ見えを招きやすいのも40代にありがちなワナ。

仮に、同世代のモデルが使っている様子を見て「これなら、年齢的にもイケそう」と感じたとしても、40代の「似合う」「似合わない」は、若いころと比較して個人差が大きくなるのも確かです。

肌の状態や“くすみ”の有無、輪郭などによっても「オバサンっぽく見せないコスメ」は、大きく異なるので、自分では「モデルのようにイケてる旬のメイク」のつもりでも、周囲から見ると「若づくり」「まったく似合ってない」なんて辛辣な感想を抱かれている話もチラホラです。

想定外のオバ見えを防ぐためには、何はさておき、気になったコスメはなんらかの方法でお試ししてから、人前に出るのが正解なのも、また真実なのです。

 

 

40代が「うっかりオバ見え」を招くコスメのNGな買いかた2:何から何までプチプラで揃える

 

シーズンごとのトレンドは「この流行は、そう長くは続かないだろう」と思うものほど、プチプラで揃えたくなるのも心理です。

確かに、昨今のプチプラアイテムは、デパコス級の仕上がりを狙える優秀なアイテムが多いのも傾向。

しかしだからと言って、すべてのコスメをプチプラで揃えてしまうと、想定外のチープ感が出てしまうこともあり、気が抜けません。

正直なお話、ぱっと見ではデパコスと発色や質感で「遜色ないだろう」と思うものでも、実際に肌につけてみるとややチープな発色だったり、色モチに欠けたり……といった事態が起こりやすいのも、プチプラアイテムにありがちなお話。

部分的にプチプラを活用するのは、おおいに賛成! ですが、すべてをプチプラにすると、外出先でのオバ見えを招くパターンも珍しくないのです。

 

 

40代が「うっかりオバ見え」を招くコスメのNGな買いかた3:愛用品だから“とことんリピ買い”オンリー

 

季節の変わり目にコスメを新調する習慣があっても、毎年「春にはこれ、夏はこれ」と愛用品が決まりきっていて、それをリピ買いし続けるだけ……というパターンは、オバ見えを招きやすい買い物の仕方。

40代ともなると、確かに「私の顔にはコレが似合う」も確立してくるのですが、旬のエッセンスをまったく取り入れず、常に“無難”だったり“定番”だったりのメイクを繰り返していると、時代遅れ感からのオバ見えを招きやすいのも傾向です。

若見えをそこまで意識するつもりはなくとも、シーズンごとにアップデートしないメイクは、どうしても時代遅れなイメージもつきまといます。

定番のアイテムは愛用品をリピートするにしても、アイシャドウや口紅などの“色もの”は、シーズンのトレンドを取り入れたほうが、オバサンっぽさを払拭しやすくなります。

 

季節の変わり目には、コスメを新調したくなるけれど、ちょっとした“買い物の癖”によって、自分では思いもしなかった“オバ見え”を招いてしまう場合も。

お心当たりがあったかたは、今季からは買い物の方法を少し変えてみるだけでも、周囲からの印象は、いい意味でガラリと変わるかもしれません。


関連記事


/

この記事の著者

OTONA SALONE|オトナサローネ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録