アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

片づく おうちにするには。

目次

 

お客様が急に来たとしたら、

 

「すぐに、お家の中に、入っていただくことが出来ますか?」

 

大体のご家庭では、少し、時間をもらって、

ささっと散らかっているものを、棚の中へ、押し込むのではないでしょうか。

 

いつも片付いているお家には、秘密があるのです。

 

誰が来ても、慌てない「片付くお家にする4つの方法」

 

①物を置く場所を決める。


この場所に、タブレットを置こうと決めて、

誰が見ても、ここが置き場所」とわかるようにする。


そうすると、使った後に、こちらに、自然に戻すようになります。


置く場所が、決まっていないから、モノは、さまよってしまうのです。

だから、しっかりと「居場所」を決めてあげます。


 

②使いやすく、戻しやすくする。


例えば、洋服。

お店屋さんの様に、衣類を積み重ねて、収納すると、

下にある物は、取りにくい。

だから、立てて収納するのです。


こうすることで、さっと、欲しい衣類が取り出せます。


 

トイレのお掃除グッズ。

お掃除するのに、面倒であれば、お掃除をしたくなくなってしまいます。

だから、グッズを入れるための入れ物も、

「取り出しやすさ」を考慮したものを選んで、使います。


ふたが空きっぱなしにできれば、取り出すのにも楽ですし、

片付けも楽になります。

 

③使いやすい所を、保管場所にする。


例えば、リビングで子供が遊ぶのであれば、

思い切って、おもちゃを収納する場所を「リビング」に作ってしまう。

 

我が家の場合は、冬などにちょっと羽織る物が、

散らかることが多かったので、

リビングに隣接する和室の収納に、収めることにしました。


この衣装ケースの中に、片付けます。


だから、リビングは、ごちゃつかない、散らからないのです。

 

④新しい何かが、お家に入ってきたとき、収納に余裕があるといい。


棚があると、すべてにモノを入れないといけないような気持ちになりますが、

実は、そんなことはありません。

何もない棚があると、空間が、よりお家をスッキリ見せるのです。

 

そして、その「余裕」によって、

急に、いただいたものを入れることもできますし、

増えたものを収める場所に、充てることもできるのです。

 

余裕がないと、「とりあえず」と思って置いた場所に、

どんどん、モノが集まってきてしまいます。

そうなると、片付けが、大変になります。

 

この4つを守って、収納を考えることが出来ると、

急なお客様も、スムーズにお家の中へ案内できますし、

自分自身も気持ちの良い毎日を過ごすことが出来ます。

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録