アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

受け皿を一体化した二重構造の植木鉢「プラントポット ハチ」が新発売

/

他のおすすめ記事を読む
レインボーアンブレラスカイ
2024年6月~9月に絶対行きたい!【全国のイベントカレンダー】

目次


東京のデザイン事務所「TENT」と大阪の町工場「藤田金属」が、受け皿をスマートに一体化した二重構造の鉢「プラントポット ハチ」を制作!職人による「ヘラ絞り技術」を活かした、精密機器のような佇まいの植木鉢が誕生した。

バラバラだった鉢と受け皿を一体化


「プラントポット ハチ」は、これまではバラバラだった鉢と受け皿をピッタリと一体化した植木鉢。二重構造になっているため、内側では植物と土を、外側では余分な水を受け止められるようになっている。


鉢と受け皿が一体化しているため、水やりのために陽の当たる場所に植物を移動させたいときなど、片手でサっと持ち運びが可能。さらにアルミ素材を採用し、軽量さも実現している。

土や水が漏れにくく清潔さを保ちやすい


同商品は、上部に施した33個の通風口に空気が通るので、植物の呼吸を妨げないのもポイント。

2層にすることで、溜まった水を簡単に捨てやすいため、根腐れを起こしにくい構造となっているのも安心だ。また、受け皿部分に水をためておき、鉢を少しの間浸してから水を捨てるという使い方も可能となっている。

選べる2つのサイズ


金型制作から材料の加工、表面に施された繊細なシボやアルマイト仕上げ、そして彫刻文字に至るまで、すべてを大阪で一貫して製造した同商品は、一般的な小型の鉢と同じく、2号(内径6cm)と3号(内径9cm)の2つのサイズをラインアップ。


仕事机などで小ぶりに使いたい時には2号を、少しゆったりした場所では3号と、植物やシチュエーションに合わせて選んでみよう。


おうちで過ごす時間が多い今、「プラントポット ハチ」を使って、もっと身近な場所で植物を育ててみては?



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録