アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

東日本大震災10年目に東北のビール会社11社から“復興感謝のビール”が発売

/

他のおすすめ記事を読む
ローソン 看板
ローソンのあの伝説のキャンペーンが帰ってきた!早い者勝ち♡超お得なグルメ

目次


東北6県のビール会社11社が、「第15回東北魂ビールプロジェクト」として、共同でビールを発売!東北震災復興に寄与してくれた人への感謝の意を込めて、東北の米・ホップを使用して各ブルワリーが醸造したクラフトビールを、3月4日(木)から販売中だ。

震災の支援に恩返し


東北のクラフトビールのブルワーが集まり、お互いの経験・知識をオープンにして技術研鑽し、東北を美味しいビールを醸造する場にする「東北魂ビールプロジェクト」。


10年前の3.11の震災時には、被災した各社に全国の多くのファンから支援が集まり、そのおかげでビールの醸造を何とか継続することができたという。その恩返しとして、東北のビールの品質を高めようとプロジェクトを立ち上げ、毎年数本の仕込みを共同で行っている。


今年はコロナ禍ということもあり共同でビールを作ることが叶わなかったため、「地域の米とホップを使用したビールを提供すること」を条件に、各社がそれぞれ特別なビールを醸造した。

ブルワリーの想いが込められた特別なビール


参加ブルワリーは、岩手県から「いわて蔵ビール」「遠野麦酒ZUMONA」、秋田県から「秋田あくらビール」「田沢湖ビール」、青森県から「OIRASE Brewery」、宮城県から「仙南シンケンファクトリー」「BLACK TIDE BREWING」「Argon Brewing」、福島県から「福島路ビール」「南会津マウンテンブルーイング」、山形県から「米沢ジャックスブルワリー」となっている。

各商品は、それぞれのブルワリーの店頭や公式オンラインショップなどで販売される。

また、同商品を購入した人を対象に、オンラインイベント「東北魂ビールプロジェクト震災後10年の想いビールと共に(仮称)」が3月21日(日)に開催予定なので、こちらもチェックしてみて。



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録