アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

書籍『コーヒーで読み解くSDGs』発売!コーヒーを通してSDGsを学ぼう

/

他のおすすめ記事を読む
シャトレーゼ 看板
シャトレーゼポイント3倍たまるってよ!定番だけどハズさない鉄板アイスを買うなら6月末まで!

目次


コーヒーハンターのJosé. 川島良彰氏、東京大学教授の池本幸生氏、サステイナビリティアドバイザーの山下加夏氏という、コーヒー・経済・開発援助の専門家の3人が、実体験や最新データをもとに、コーヒーを通して「SDGs(エス ディー ジーズ)」をわかりやすく解説していく書籍「コーヒーで読み解くSDGs」1,870円(税込)が、3月17日(水)にポプラ社より発刊された。

「SDGs」とは

「SDGs」とは、Sustainable Development Goalsの略で、日本では「持続可能な開発目標」と訳されている。「持続可能な開発」を達成するため、環境、経済、社会に関わる17の目標を具体的に示したものだ。

その一杯のコーヒーが地球の未来を変える

著者の一人であるJosé. 川島氏は、以前より自然環境と人権を守りながらおいしいコーヒー作りに励む生産者が報われるよう、その価値を認める市場を作ることを目指し、あらゆる活動に取り組んできた。

同書では、これまでの経験や知識から、「#コーヒー危機と世界経済」「#コーヒーがもたらす健康と福祉」「#コーヒー生産とジェンダー平等」「#コーヒーが生み出す働きがい」「#コーヒーで守る海、陸の豊かさ」「#コーヒーで平和と公正を」など、「SDGs」の17の目標を私たちの身近な存在であるコーヒーにすべて置き換え、「SDGs」を紐解いていく。

何気ない日常の一杯のコーヒーを通じて、誰もが「SDGs」に貢献できることに気付き、コーヒーの価値観を変え、「SDGs」を理解できるこれまでにない一冊。緊急の課題なのに、どこか遠い話のように思ってしまう「SDGs」を、“コーヒー”を通じて身近に感じ、未来を変えることにつなげてみては。



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録