アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ホワイトネイルアートペンだけで超簡単!女性らしいバラネイル♡

大人の女性を演出してくれるバラは、ネイルにも取り入れて魅力たっぷりな爪先にしたいですよね。バラは一見描くのがとても難しそうに見えがちですが、とっても簡単にできるネイルアートなのです。今回は、ホワイトのネイルアートペンだけでバラを描くやり方をご紹介します。

目次

使用マニキュア

・AC ネイルエナメルM 110 キャンディーピンク/セリア
・AC ネイルエナメルM 117 モーブ/セリア
・AT ネイルアートペン 03 ホワイト/セリア
・AT ネイルアートペン 01 ゴールド/セリア

ネイルアートペンを使ったバラネイルのやり方

・ベースコートは塗っておきます。

【バラネイル】

① キャンディーピンクで丸フレンチネイル風にします。

バラにするので、綺麗な丸にしなくても大丈夫です!
だいたい丸っぽくなっていればOK。

② 丸フレンチネイルの真ん中にホワイトのアートペンで丸を描きます。

③ はじめの丸を囲むようにさらにホワイトのアートペンで描いていきます。

④ ホワイトのアートペンでどんどん線を入れていき、キャンディーピンクで描いた丸フレンチネイル全体にホワイトの線が入るようにします。

ホワイトの線は、綺麗な線にしなくても大丈夫です!
太くなったり細くなったり掠れたりといろんな線が入る方がバラらしく見えます。

⑤ トップコートをのり代わりにしてブリオン(セリア)を3つ右側に並べます。

【人差し指と小指】

フレンチネイルガイドシール(セリア)を使って、モーブのフレンチネイルにします。さらにゴールドラメのアートペンで色の境い目にラインを入れます。

【中指】

キャンディーピンクを2度塗りします。爪元にリボンスタッズ(セリア)をトップコートをのり代わりにしてつけます。

最後にすべての指にトップコートを塗り完成です!

バラネイルはいろんなやり方があります。その中でも、簡単にできるやり方の1つでもあるのが、今回ご紹介したホワイトアートペンだけを使ってバラを描くやり方です。

ホワイトのアートペンで丸をどんどん囲んでいくだけなのでとっても簡単にできてしまいます。
ラインも太くなったり細くなったりかすれたりしても大丈夫!むしろ、その方がバラっぽく見えるんです。ちゃんと描かなくていいというのはとても嬉しいポイントですよね。

また今回のように、バラを爪先に描いてバラのフレンチネイルにしてしまうのも、アートを簡単にするやり方の1つです。

セルフネイルをするときに1番難しく感じてしまうのが、細かく描くことだと思います。
細かく描こうとしてもぐちゃぐちゃになってしまったり、なかなか思い通りにならなくて諦めてしまったりする方も多いのではないでしょうか!?

そんな方におすすめなアートが、バラでフレンチネイルにしてしまうことです!
爪先に大きくバラを描くので、細かな作業がなくとても簡単にバラを描くことができます。

簡単にアートをしているのに、見た目は大人の女性らしい魅力的なネイルアートに見えるので一石二鳥なネイルデザインになります。

一見難しそうに見えるネイルアートですが、とても簡単にできるので、ぜひバラネイルを楽しんでみてください。

「#フラワーネイル」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■爪先にちょっぴりネオンカラーをON♪こなれ細フレンチネイル
■セルフネイルで簡単にフレンチネイルができるアイテムを紹介♪
■不器用さんでもOK!カンタンなのに凝ってる風ネイルアート特集
■超カンタン!でもオシャレ♥工程が少ないネイルアート3選
■ネイルアートの大定番!セルフでするフラワーネイルのやり方


/

この記事の著者

アッキー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録