アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

デニムコーデはやっぱりこれ!ワンランクアップのポニテアレンジ

今年も大人気の「デニムコーデ」。今やファッションを考える上で欠かせないアイテムになりましたが、中でもデニムジャケットは根強い人気で、春夏の女性ファッションアイテムのど定番に!そこで今回はデニムジャケットに似合うカジュアルなポニーテールアレンジをご紹介します。暑い季節、可愛く髪をまとめてお出かけ下さい。

目次

デニムの持つイメージ

デニムはもともと炭鉱で働く男たちの作業着として誕生しました。特有の青い染色は蛇よけとして塗られていたそうです。その時の名残として今でもジーパンには当時男たちが持っていた懐中時計を入れるためのポケットが残っているのは有名な話です。

そんな歴史のあるデニムはカジュアルなイメージ。デニムにしてもレザーにしても昔は男性の着る物でしたが、これを女性がファッションに取り入れると逆にキュートで飾りすぎない印象を持たせることが出来ます。

デニムに似合うヘアアレンジはズバリ「ポニーテール」

もともと男性のアイテムだった物を女性が着こなすには、ヘアスタイルは中和を考えてより女性らしいスタイルを選ぶといいと思います。女性らしいヘアアレンジの代表がズバリ「ポニーテール」です。

それでは、プロセスをご紹介します。

①② 後ろの真ん中の髪の毛をフィシュボーン編み込みの要領で大きめに編み、ぼんのくぼのあたりでゴムで縛ります。ここの編み込みは細かすぎるとカジュアルな印象が出ませんので、なるべく大きめに編みこむのがポイントです。

③ サイドの髪の毛もなるべく大きめにねじり肩編み込みを施しながら、先ほど結んだ編み込みのゴムの部分で縛ります。今回は首元と毛先の間に程よく空間を作りたいので、くるりんぱはしないで普通にゴムで縛って下さい。

④⑤ 襟足の髪の毛も同様にねじりながら先ほど結んだゴムのさらに上で縛り、くるりんぱはせずに収めます。くるりんぱをしない場合はねじりが弱くなりやすいので、片編み込みの際はしっかりとねじってゴムで縛って下さい。

⑥ この時点で全体を程よく崩して頭の形を整えながら、ルーズさを出して下さい。その後残った毛先を細めのコテでランダムに巻きます。コテは毛先だけではなく中間からしっかりと熱を当てて立体的に仕上げるのがポイントです。

最後にゴムが見えないように中心部に大きめのリボンなどを付けて完成です。

※今回はデニムに似合うカジュアルなヘアアレンジなので、崩す際はなるべくルーズにしてラフ感と抜け感を出して下さい。

まとめ

ファッションとヘアスタイルは繋がっているものなので、普段のコーディネートにヘアスタイルをリンクさせて考えていくともっとファッションは楽しくなります。

1日1日テーマを持って試してみて下さい。

「#ポニーテール」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■梅雨はポニーテールを大人可愛く♡結ぶだけで簡単ノットアレンジ
■パパッとポニーでも垢抜ける!シンプル&簡単ポニーのコツ
■いつものポニーをレベルアップ!おしゃれに見せる3つのポイント
■可愛く自分でアレンジしたい!初心者さんでもOKのヘアアレンジ
■人気美容師がレクチャー♡簡単かわいいポニーテールアレンジ♪


/

この記事の著者

野澤琢眞

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録