【心理テスト】嫌いな色はどれ?答えでわかる「あなたの苦手なタイプ」

更新日:2022年5月27日 / 公開日:2022年5月27日

どうしても好きになれない人っていますよね。あなたにとって、苦手な人はどんなタイプでしょうか? そして、どうしたら苦手な人ともうまくやっていけるのでしょうか? 心理テストで探っていきましょう。

Q:この中であなたが嫌いな色はどれですか?次から一番近いものを選んでください。

A:グレー

B:パープル

C:イエロー

D:ピンク

あなたはどれを選びましたか?さっそく結果を見てみましょう。

【この診断テストでわかること】「あなたの苦手なタイプ」

色はあなた自身の心の状態を反映しているもの。直感で、「この色は苦手!」と思った色がどれかによって、あなたの苦手なタイプがわかるのです。

A:グレー…優柔不断で自分の意見を言わない人

グレーは、白と黒が混じった色で、グレーゾーンなどと言うように、あまりハッキリしない色です。あなたが苦手なタイプは、優柔不断で自分の意見をハッキリ言わない人。しかし、このような人は相手を立てるのがうまいので、補佐役として力を発揮してくれます。できれば苦手意識は持たずに、積極的に交流を持ちたいところです。

「食事でも一緒に」と誘い、親しくなってしまうのをおすすめします。話せば話すほど、親切で誠実な人だとわかるはずだからです。

B:パープル…頼りにされ目立つ人

パープルは、情熱の赤と冷静な青が混じった色。あなたが苦手なのは、決断力や行動力があり、なおかつ冷静な判断力がある有能なタイプ。常に人に頼りにされ、目立つポジションにいる人です。優秀なのが鼻につくのでしょう。

このタイプとうまくつきあっていくには、下手に出るのがいちばん。仕事のやり方などを相談して頼るようにすると、喜ばれるでしょう。また、仕切り役をおまかせてして、あなたはその補佐役にまわるのが無難です。

C:イエロー…自分勝手で協調性のない人

イエローは、奔放さを表す色です。あなたが苦手なのは、自分勝手な行動をとり、何かと騒ぎを起こす人。周囲のことなどおかまいなし。職場の人間関係などに興味はなく、協調性には欠ける面もある人でしょう。

このタイプの人とうまくやるには、役割分担をきっちり決めましょう。あなたは自分の役目を果たすことだけを考えて、相手にはなるべく干渉しないことです。下手にかかわってしまうと、ゴタゴタに巻き込まれてしまうからです

D:ピンク…おせっかいな人

ピンクは優しさを象徴する色です。あなたが苦手なタイプは、情が深くて人の役に立ちたいという気持ちが強い人です。それがよけいなおせっかいだったりすることがあるでしょう。

このタイプとうまくやっていくには、遠慮は無用です。やってほしいことを、どんどんお願いしてください。ずうずうしいと思われるのを恐れずにいろいろなことを頼めば、自分は人に必要とされているのだと満足してくれます。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録