アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
収納術 整理収納アドバイザー

【保存版】ここが違うだけでスッキリ見える!”片付けの仕上げ”4つのポイント

/

整理収納アドバイザーのFujinao(フジナオ)です。「モデルルームのような部屋に憧れて片付けたのに、なんだかモヤモヤが残る」「いまいち見た目がスッキリとしない」とお悩みを抱えている方はいるのではないでしょうか?今回はそんな時にチェックしたい「片付けの仕上げ4つのポイント」をご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
ダイソーなら100円で買えちゃうよ~!お安いのに本格的♡大人買いしたくなる高コスパグッズ

目次

①色の氾濫をチェック

片付けてもスッキリと見えない家にありがちなのが「色の多さ」です。家具やラグ、壁に飾られている小物などの色味は統一されているでしょうか?

統一感がないと色味が溢れてチグハグでただ賑やかな印象のお部屋になってしまうことがあります。

まずはお部屋のテーマカラーを決めて色味を減らすことから始めましょう。基本的にはカラーは3色まで抑えるのがスッキリとしたお部屋に見せるポイントです。

例えば我が家のテーマカラーは茶、黒、グレー。

収納術 整理収納アドバイザー 片付け 工夫

テレビ台とテーブルの色味を合わせてあるので全体に統一感が生まれ、スッキリとして見えます。

そのほか、インテリアとして飾るアイテムは黒いモノを選んだり、花束など色味があるモノは一箇所にギュッとまとめたりすることで、賑やかになりすぎないようにしています。

②数の多さをチェック

カウンターや棚に飾られたおしゃれな雑貨。ですが数が多すぎるとお部屋のザワザワ感に繋がります。

どうせ飾るのであれば数を絞り、一つ一つのインテリアを美術館のようにゆとりを持って飾るようにしたいですね。

収納術 整理収納アドバイザー 片付け 工夫

また、インテリアだけでなく生活雑貨や家電製品も、表に出ている数が多くなるとスッキリ感がなくなります。

収納ケースの中や死角に収納すると、より部屋がスッキリとして見えますよ。

我が家はスッキリとした部屋にするため、モノが丸見えになるオープン収納はやめて全て扉付きの収納家具を選びました。

収納術 整理収納アドバイザー 片付け 工夫

キッチンの飾り物は一輪の観葉植物だけですが、余計なモノが表に出ていないので家具の美しさが引き立ち、インテリアがなくても充分おしゃれに見えます。

③不揃いな素材や形をチェック

次に、家具や籠など収納グッズのテイストがバラバラでちぐはぐな印象になっていないかをチェックしましょう。

家具であれば色や素材、形(丸、角張っている)など。

例えば、我が家の家具は全体的に直線的で角張ったデザインで統一しています。

形だけではなく素材感の統一も大切ですね。

収納術 整理収納アドバイザー 片付け 工夫

使っている収納BOXが不揃いだと、見た目のザワザワ感に繋がります。

何個も同じものを並べて使う時には、後で買い足せるよう無印良品のファイルボックスなどロングセラーの収納用品がおすすめです。

また、こういったオープン収納な場所ではケースを使うことで商品パッケージの色を減らしてスッキリと見せることができます。

収納術 整理収納アドバイザー 片付け 工夫

色や形が統一されたケースで揃えると、パッとみた時の見た目がスッキリとしますね。

④並べ方のチェック

最後に気をつけたいのがモノの並べ方のチェックです。

例えば下の写真。

収納術 整理収納アドバイザー 片付け 工夫

大きさを揃えて並べてあるので見た目がスッキリとしています。

このようにモノを並べる時には高さを揃えるだけで印象が変わることもあります。

書類や本を並べる時やクローゼットに洋服をかける時もこの「高さや大きさを揃える」ことを意識してみると部屋がスッキリして見えますよ。

いかがでしたでしょうか?

以上が、片付けの仕上げにチェックしたい4つのポイントでした。参考になれば幸いです。

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)でした!

「#整理収納」の記事をもっと見る



この記事のライター

Fujinao

整理収納アドバイザー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ライフスタイルの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録