アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アラフォーさんの目元はアイラインで激変!今っぽ&若見えするアイラインの引き方

アラフォーさんの目元はアイラインで激変!今っぽ&若見えするアイラインの引き方

/

美容ライターの遠藤幸子です。目元を引き締める役割を果たしてきたアイラインもここ数年は目元に抜け感を与えるなど、その役割が変わってきています。今回は、アラフォー女子の目元を今っぽく、そして、若々しく見せることができるアイラインの引き方についてご紹介します。

目次

【今っぽ&若見えアイラインの引き方① 】鮮やかor淡いカラーライナーは目尻だけ

アラフォーさんがアイラインを引くときには、目頭から目尻まで同じカラーのアイライナーを使いたくなるかもしれません。

しかし、今っぽさや若見えを狙うなら、鮮やか、もしくは、淡いカラーのアイライナーを使うときには、目尻側だけにポイント使いするのがおすすめです。

そして、そのほかの部分は普段通り目元をしっかりと引き締めるカラーのものを使い、目尻側のみWラインで仕上げましょう。

【今っぽ&若見えアイラインの引き方②】下まぶたを引き締めたいならグレーやグレージュを使う

目の周りをぐるっと深みのあるカラーで囲むようにアイラインを引くことで、目ヂカラをアップさせようと考えている方がいます。

しかし、これは残念ながら目を小さく見せ、古くさい印象を与えるなどして逆効果になってしまう可能性が高いです。

とはいえ、下まぶたに生えているまつ毛がまばらなどの理由でアイラインを入れて、目元をしっかりと引き締めたいと考えている方もいるでしょう。

そんな方は、ブラックよりも少しソフトな印象を与えるグレーやグレージュなどのアイライナーを使用しましょう。

入れ方ですが、あくまでも入れているのがわからないほどの自然な仕上がりにすることが大切です。目の際に細くアイラインを入れましょう。

【今っぽ&若見えアイラインの引き方③】目尻側は長く跳ね上げない

かなり前に流行した目尻側を跳ね上げるアイラインは、たるんで見えがちなアラフォーさんの目元をリフトアップさせて見せる効果が期待できます。

しかし、その一方で一昔前に流行したメイクということで、古臭い印象を与えることになりかねません。

そのためアイラインを引くときには、目尻側を大胆に跳ね上げるのではなく、目のカーブに沿って気持ちにギリギリのところでアイラインを描きおけることをおすすめです。

【今っぽ&若見えアイラインの引き方④】全体に太く描かない

目ヂカラをアップさせようと太くアイラインを描く方がいますが、ひと昔前のメイクといった印象を与えてしまいます。

全体に細めに引くか、目の縦幅を広げて目ヂカラアップを狙う目的で黒目の上だけ自然に太くなるような引くかのいずれかがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。今回は、アラフォー女子の目元を今っぽく、そして、若々しく見せることができるアイラインの引き方についてご紹介しました。ぜひ参考にしていただき、ご自分のアイラインを流行感のある若々しいものにアップデートしてください。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録