アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
40代がやりがち!かえって老け見えするNGな肌悩みカバーメイク

やってる人多いんです!アラフォーの老け見えが加速する!NG「肌悩みカバーメイク」3選

/

美容ライターの遠藤幸子です。年齢とともに増えていく肌悩みを前に、どんどんメイクが濃くなっていませんか?特にベースメイクは塗りすぎると、かえって老けて見えることに。今回は、40代がやりがちなNGな肌悩みカバーメイクをアップデートする方法をご紹介します。

目次

NGカバーメイク1:目の下の頑固なクマにベージュのコンシーラー

ベージュのコンシーラーはとても多いので、つい目の下の頑固なクマにも使いがちです。

しかし、頑固なクマは黒っぽい色をしていてベージュのコンシーラーを塗ると、グレーに仕上がってしまいます。そうすると、クマをカバーしきれず、老けて見えてしまうことにつながります。

【アップデートする方法】

アップデートする方法として真っ先にご紹介したいのが、ベージュのコンシーラーからオレンジを含んだ色のコンシーラーにシフトすることです。オレンジは血色感を出す効果が期待できるので、クマをカバーし、ヘルシーな印象の目元に仕上がります。

コンシーラーの中にはオレンジ系のコンシーラーと明るいベージュ、もしくはイエローなど2色入りのものも多数販売されています。

これはオレンジで血色感を出して肌になじませつつ、明るいベージュやイエローで目の下に明るさを出せるメリットがあり、おすすめです。

NGカバーメイク2:ほうれい線に沿った明るいベージュのコンシーラー

ほうれい線もいわば、影。明るさを出せばカバーできるような気がしますが、ほうれい線に沿ってコンシーラーを塗ると、その部分が明る過ぎたり、口の動きによってひび割れたりして悪目立ちしやすくなります。

【アップデートする方法】

おすすめのコンシーラーは、筆ペンタイプかリキッドタイプです。ストレッチ性に優れているので、口の動きに連動するほうれい線にもフィットしやすく、ひび割れしにくいというメリットがあります。カバーの仕方は、下記の通りです。

① 小鼻の横のほうれい線の根元ともいえる影を消す。

② ほうれい線に対して垂直に肌よりほんの少し明るいベージュのコンシーラーを塗る。

③ スポンジなどで軽くトントンと叩き込むように馴染ませる。

NGカバーメイク3:ファンデとコンシーラーを厚塗りしてシミカバー

シミの濃さによっては、ファンデやコンシーラーを厚塗りすることでカバーできる場合があります。しかし、ファンデやコンシーラーを厚塗りすると、肌の透明感やツヤが損なわれ、老けて見えてしまいがちです。厚塗りはやめましょう。

【アップデートする方法】

ファンデ選びのポイントは、少し暗めの色を選ぶことです。そうすることで、同じ種類のファンデでもシミが目立ちにくくなります。

さらにツヤ感のあるものを選ぶと、光を集めてシミをカモフラージュする効果が期待できます。

メイクカバーの仕方は、下記の通りです。

① ファンデを薄く均一に塗る。

② シミが気になる部分にだけ少量取って重ね塗りする。

③ コンシーラーはシミ部分にピンポイントで塗り、コンシーラーを塗っているところと塗っていないところの境目をトントンと叩き込むようになじませる。

いかがでしたでしょうか。今回は、40代がやりがちなかえって老けて見えるNGな肌悩みカバーメイクをアップデートする方法をご紹介しました。当てはまるものがあれば、この機会にぜひ見直してアップデートしましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録