アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いたキッチン

どこから手をつければいいの…?悩む人必見!プロが教える「片付けやすい場所」トップ3

/

整理収納アドバイザーむらさきすいこです。片づけたいけれど、「どこから手を付けたらいいかわからない!」。片付けが苦手と感じている方からよく聞くお悩みです。住まいの中で、どこから片づけ始めればいいのか迷ってしまいますよね。今回は効率的に片付けが進む場所TOP3について書きました。ぜひ参考にしてみてください。

目次

片付けやすい場所3位:キッチン(冷蔵庫)

片付けやすい場所 おすすめ

片付け始めるのにおすすめの場所3位はキッチン

キッチンは鍋やフライパンなどの調理器具や食品、食器など多くの物が所狭しと収められている場所です。

物が多いので、片付けのハードルが高いと思われるかもしれませんが、「日常的に使っている物」が把握しやすい場所でもあります。

使っているか使っていないか明確な物が多いため、「整理がしやすい場所」なのです。

片付けやすい場所 おすすめ

キッチンの中でも始めにトライして欲しいのが「冷蔵庫」。

食品には賞味期限や消費期限があるので、「必要」「不必要」の判断基準が明確。迷うことが少なく整理を進められます。

冷蔵庫内の食品をすべて出したら、賞味期限や消費期限をもとに必要と不必要に分けていきましょう。

期限切れの食材や、数回使ったきりのスパイス、古くなった調味料はありませんか?

期限にもとづいて整理を進めた後は、定位置を決めながら食品を庫内に収めていきます。

冷蔵庫内は整理する範囲が狭いため、短時間で達成感を得ることができますよ。

片付けやすい場所2位:玄関

片付けやすい場所 おすすめ

片付けを始めるのに適した場所2位は玄関

玄関には靴、傘、シューケア用品のほかに自転車のヘルメットやベビーカー、子供の外遊びグッズなどが収められているのではないでしょうか。

まず手始めに、傘を整理してみましょう。

本当に使っている傘と予備数本を残して、壊れた傘やホコリをかぶったビニール傘は処分しましょう。

次に靴。履き心地が良く、デザインを気に入っている靴を選んでみて下さい。

履いていない靴には「足が痛い」「流行遅れ」などの理由が、捨てられない靴には「高かった」「数回しか履いていない」などの理由があります。

なぜ履いていないのか、なぜ捨てられないのか、物と向き合ってみると処分できない理由が見つかります。

また、シューケア用品は古いものが紛れていないか探してみてください。長年置いておくと、成分が変化してしまうこともあります。

いつも使っているお気に入りのものを残してみて下さい。

片付けやすい場所1位:洗面所

片付けやすい場所 おすすめ

片付けでまず手を付けてほしい場所1位は洗面所

洗面所を1番におすすめする理由は、「比較的狭い」「高価かつ思い出の物が少ない」から。

思い入れの強い物の整理は、迷いが生じる分、時間を要して進みが遅くなる傾向にあります。

その点、洗面所は思い入れの強い物が少なく、整理が進めやすい場所なのではないでしょうか?

タオルのストックが多い人は、使い古したものから処分を。

また、タオルの交換時期を明確に決めることをおすすめします。

使いかけの化粧品やヘアケア用品などは積極的に使い切るようにしてみて下さい。

化粧品に関しては使用期限の記載があればその通りに、なければ未開封の状態で3年以内に使用しましょう。開封したものは1年以内に使い切るのが理想です(※すべての化粧品がこの限りではありません)。

また、いつか使うかもとストックしている試供品も、あまりに古いアイテムは処分をして、使用できるものはどんどん消費していきましょう。

いかがでしたか?

「どこから手を付けたらいいかわからない」方は、

・思い入れのある物が少ない場所

・賞味期限・消費期限・使用期限が明確な物が収まっている場所

・狭い範囲

からスタートしてみて下さいね。

今回の情報がお役に立てましたら嬉しいです。



この記事の著者

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録