アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いた部屋

毎日コツコツが難しい…そんな人必見!整理収納のプロがやってる朝昼晩の片付けルーティン

/

片づけや掃除は毎日の継続が大切ですが、その「毎日コツコツが一番難しい…」と思うことはありませんか?今回は整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)がやっている毎日の家事ルーティンをご紹介します。簡単な作業ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

無理なくできるルーティンを組むことが大切

整理収納アドバイザーFujinaoです。

片づけで大切なのは収納技術でしょうか?

それとも、便利な収納グッズ?

実は、お家の綺麗を維持するために一番大切なのは「片づけの習慣化」なのです。

ダイエットでも、一度痩せても正しい食生活や運動の習慣が維持できないとリバウンドしてしまいますよね。

それと一緒で、掃除や片づけも、一度やり切ったとしても日々の暮らしがいい加減だと元の状態にリバウンドしてしまうんです。

かといって「頑張る習慣」をずっと続けるのは、難しいもの。

日々無理なくできる程度のルーティンを組むことが大切です。

今回は観葉植物をすぐ枯らす女、ズボラ整理収納アドバイザーFujinaoがやっている「シンプル家事習慣」をご紹介します。

ルーティン①朝の習慣

40代で小学生2人の子育て真っ最中の私が一番元気なのは朝一番。

そのため、朝は一番多くのルーティンがあります。

1Fの床掃除

整理収納アドバイザー ルーティン

夜の間に埃が落ちてきているので、それを朝一番に業務用のクイックルワイパー(ヘッド部分が通常の2倍の大きさ)でサッと掃除します。

1Fと階段まで終わらせても5分ちょっと。

ソファーは下を掃除しやすいように脚部分に高さがあるものを選び、掃除機を使わなくてもいいようにラグや絨毯、キッチンマットやバスマットは持つのをやめました。

夏場はクイックルワイパーが終わったら拭き掃除機ブラーバを起動させます。

整理収納アドバイザー ルーティン

これで毎日床の綺麗を維持することができます。

2Fはほとんど使っていないので、毎日自動予約でルンバを走らせて終了です。

キッチン周りの掃除

キッチンの作業台やダイニングテーブルも、同じように夜のうちに埃が積もるのでサッと拭き掃除をします。

整理収納アドバイザー ルーティン

作業台もダイニングテーブルも物を置かないようにしているのですぐに拭き終わります。

ついでに食洗機の中に入っている昨夜の洗い物を片付けてキッチンはリセット完了です。

洗濯物の取り込み

整理収納アドバイザー ルーティン

我が家は夜洗濯派。

家族がお風呂に入り終わったタイミングで洗濯機を回します。

2年前にドラム式の洗濯機に買い替えてからは乾燥まで自動で終わるので、朝、乾燥した状態の洗濯物を畳んで収納に戻します。

子供たちが毎日身につける肌着や靴下は「はい、洗濯終わったからこれを着ていいよ」と畳まずにまたその日に着せたりすることも。

とことん、家事の手を抜きたい派なのです。

ベッドメイク

子供たちも起きてお布団の熱が飛んだ頃にベッドメイクをします。

といっても枕を定位置に戻して掛け布団(夏場はタオルケットだけ)を軽く畳むだけ。

ベッドメイクはしなくても家事に支障はないのですが、たった1分程度の作業で気持ちのシャキッと具合が違うので毎日必ずするようにしています。

お風呂掃除

私は必ず朝シャワーを浴びるので、そのタイミングでお風呂を軽く掃除します。

といってもシャワーを浴びるついでに軽く床や湯船をスポンジでこするだけ。

湯船や壁は「擦らないでもOK」という洗剤をかけておき、流すだけで終了することもよくあります。

これで毎日の朝ルーティンは終了です。

あとは日によってゴミ出しがあったりしますが、これらと身支度を済ませると仕事に取り掛かることが多いです。

ルーティン②昼の習慣

仕事時間と子育て時間の切り替え

コロナ禍になって在宅ワークが増えました。

日中はデスク周りやダイニングにまで仕事の書類や資料が散らかっていることがよくあります。

小学生の息子たちが帰ってくるタイミングでそれらを一旦リセットして、一度仕事周りを片づけます。

整理収納アドバイザー ルーティン

家の中が「仕事モード」から「育児モード」に切り替わるようなイメージです。

こうしてこまめにリセットをして夜まで散らかりを溜め込まないのが、無理なく綺麗を持続させるコツ。

といっても、私の仕事道具が片づいたところに子供たちのランドセルや宿題、ゲームなどが散らかるのでこの時間もあまり片づいているとは言えませんが。

隙間時間に小掃除

子供たちが帰宅してからは仕事にならないので、洗面所やトイレの掃除をしたり、夕食の準備にとりかかったりします。

物が溢れて使いにくくなっている場所の見直しをすることも。

ルーティン③夜の習慣

洗濯をする

全員のお風呂が終わったら洗面所やキッチンのタオルを回収し、全てまとめて洗濯をします。

朝のルーティンでご紹介したように、畳んでしまうのは翌朝です。

ルンバの自動運転

整理収納アドバイザー ルーティン

夜11時に2階のルンバが自動運転を始めます。

子供部屋の扉は開け放っておき、2階の廊下と子供部屋は全てルンバにお任せです。

子供たちと私は1階の寝室で寝ているので音はあまり気になりません。

これで整理収納アドバイザーの1日ルーティンの終了です。

片づけや掃除は毎日続くことなので「無理なく続けられる習慣」が大切です。

習慣付けがうまくいかない時には、もしかすると物の量や収納システムに問題があるのかもしれません。

物がエリアごとにまとまって収納されているか、量が多すぎないかなどを確認してみてくださいね。

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)でした。



この記事の著者

Fujinao

整理収納アドバイザー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録