アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いた洗面所

整理収納のプロが教える「手放したらラクになった日用品」3選

/

整理収納コンサルタントの須藤昌子です。あまり使っていないのに、「無くなったら困る」と思い込んでいるモノや、あるのが当たり前になっているモノって意外とあります。今回は、自分では気づかないし、不安で手放せない方に向けて、手放したら困るどころか気持ちも軽くなり、スッキリしたモノをご紹介しますので、手放すヒントにしてみてくださいね。

目次

1.ドレッサー

断捨離 コツ

洗面所でのお化粧をするようになり、使う事が無くなったドレッサー。手放すかどうかと悩んで、自問自答した結果、手放すことに決めました。

どうして手放すことを決める事が出来たのかと言えば、ドレッサーを、ドレッサーとして使う事に悩むというよりも、引き出しの中のモノを「どうしたらよいか?」という事で悩んでいたことに気付いたからです。

手放すことを決めてから、引き出しの中の「必要なモノ」を選び取っていったら、無くては困るモノは、それほどありませんでした。

結局、手放しても問題のないモノたちを「どこに入れ直したらよいか?」という事に悩んでいたのです。

本来の片付けは、使っていないモノの収納場所に悩むのではなく、使っているモノを、使う場所に使いやすく収納するという事だという事を忘れていたんですね。

結果、収納場所としての役割をしていたドレッサーを手放すことで、お部屋は広くなり、いらないモノの収まる場所もなくなりました。

2.バスマット&バスタオル

断捨離 コツ

いわゆる滑り止めがついたバスマットは、洗濯するのも、乾燥するのも、とても手間がかかります。

そのため私は、天気予報と相談しながら、洗濯をしていました。

また、バスタオルもフェイスタオルに比べたら、大きくて、乾くのに時間がかかるモノの1つ。

使用する夜には洗濯はしないので、湿ったまま翌日まで放置することで、カビが生える可能性が増えてしまうことを気になっていました。

乾かないとか、カビが生えるとか、そんなことで悩んでいる自分をもっと楽にするには、どうしたらいいか?と考えた時、バスマットは、吸水力のあるタオルに、バスタオルはサイズダウンしたらどうかと気付きました。

その気付きを家族と共有して、手間のかからないタオルに変えたことで、洗濯の際のストレスも、天気予報とにらめっこすることも無くなり、楽になりました。

3.炊飯器

断捨離 コツ

炊飯器を使う理由って、皆さん考えたことはありますか?私は、「ご飯を炊くから必要」と思って使っていただけでした。

でも、ある時から、使用後の炊飯器の部品洗いが、とても苦痛に感じてきました。その憂鬱を何とかできないか?と考えて、「止めたらいい」という簡単な結果にたどり着きました。

炊飯器を使うメリットは、予約炊飯が出来る事、保温できることがメイン。ですが、我が家では、予約炊飯しなくても、料理をしている中で、炊飯できればそれでいいと思ったことや、保温機能で、せっかくのご飯の味が損なわれるならば、炊いたご飯をすぐに冷凍した方がいいのでは?と考えていたので、炊飯器をやめることにしました。

炊飯器をやめたことで、1年に数回しか出番のない土鍋を使う機会が増え、炊飯器をきれいに保とうという気負いからも解放されて、気持ちもラクになりました。

自分の快適さに目を向ける事が大切

気付かずに、本来の機能を果たさない状態で放置されているモノがある事で、自分の憂鬱が生まれることはたくさんあると思います。

使わない、必要のないモノは、お部屋のスペースを奪う事になり、せっかくの暮らしが窮屈になっているかもしれません。

また、憂鬱に感じながらの毎日ほど、もったいないことはありません。

毎日が快適に過ごせるように、いつもの光景に溶け込んでいる不要なモノを見つけて、心地よい暮らしを手に入れましょう。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録