アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マスクを外すことが増えた今すぐやって!2022年の正解マスク眉メイク

マスクを外すことが増えた今、すぐやって!2022年の正解マスク眉メイクのやり方

/

マスクメイクといえば目元にポイントを置いたメイクがスタンダードになっていましたが、少しずつマスクを外す機会が増えてきた今、マスクを外した時のバランスが大切です。今回は、マスクを付けている時にも外している時にも映える、2022年の正解マスク眉メイクをご紹介します。

目次

使用アイテム

近頃は目元に重点を置いたややシャープさのある眉が主流でしたが、マスクを外すと少し強すぎる印象に見えてしまう場合があります。

2022年の正解マスク眉メイクは、メリハリ感は残したまま、ほんの少し柔らかさと軽やかさをプラスするのがおすすめです。

今回は、そんな眉メイクにぴったりの2つのアイブロウアイテムを使用してメイクしました。

【excel パウダー&ペンシル アイブロウEX PD01 ナチュラルブラウン】

柔らかい色味のアイブロウパウダーとほんのりパール感のあるアイブロウペンシルで、柔らかい印象の眉を簡単に作ることができます。

スクリューブラシも付いており、これ1本で毛流れを整えたりぼかしたりと様々な使い方が可能です。

【デジャヴュ アイブロウカラー ナチュラルブラウン】

極細のブラシで細部まで塗りやすく、ひと塗りで均一に眉が染まるため、簡単に美しい眉に仕上がります。

どんなメイクや髪色にも合わせやすい、ナチュラルブラウンを使用しました。

STEP① アイブロウペンシルで輪郭を描く

それでは順に解説していきます。

まずはアイブロウペンシルを使用して、眉の下側と眉尻側を中心にガイドラインを描きます。

最初に描いておくことで理想の形を簡単に作ることができます。

おすすめの形は、少しだけ太さのある柔らかなアーチ眉です。

眉尻もほんの少し短くすると、マスクを外した時に眉が強すぎるという失敗が起こりづらくなります。

眉の上側にはアイブロウペンシルは使用せず、自眉を生かした仕上がりにすることで抜け感が出ます。

STEP② アイブロウパウダーで馴染ませる

続いてはチップ型のアイブロウパウダーを使用して、ガイドラインの内側を埋めながら馴染ませていきます。

眉尻はしっかりめにパウダーを乗せてキリッと仕上げ、中央は眉が薄い部分にトントンと乗せていくように、眉頭は余ったパウダーを軽く乗せる程度でOKです。

眉頭から眉尻に向かって濃くなっていくようにグラデーションをかけましょう。

STEP③ スクリューブラシで全体を整える

眉全体に色が付いたら、スクリューブラシで全体を整えます。

濃く描きすぎてしまった部分をぼかして調整したり、自眉の流れを整えるなどすると仕上がりが良くなります。

STEP④ アイブロウマスカラでふんわり感

仕上げにアイブロウマスカラを塗ります。

アイブロウマスカラを塗ることで、眉の色がふんわり明るくなり、マスクを外しても抜け感のある印象になります。

アイブロウマスカラは、全体に色が付くようにザクザクとブラシを上下に動かしてまんべんなく塗りましょう。

全体が染まったら、毛を立ち上げながら流すようなイメージで、下から上へ、眉頭から眉尻へとブラシを動かして形を整えたら完成です。

完成した眉メイクがこちら

2022年正解マスク眉メイクの完成です。

マスクをしていても馴染みすぎず、マスクを外しても強すぎない、バランスの良い眉になりました。

眉メイクにお悩み方、ぜひチャレンジしてみてくださいね。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

kana.s

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録