アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
2022年秋はこのメイクで垢抜ける♡プロが教える「オススメ今っぽアイメイク」3選

2022年秋はこのメイクで垢抜ける♡プロが教える「オススメ今っぽアイメイク」3選

/

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。9月も半ばを過ぎ、そろそろ秋メイクを意識したい季節になりましたね。今回は秋にオススメ今っぽアイメイクを3つご紹介します!

目次

①秋の王道ブラウンメイク

定番のブラウンメイクですが、秋はチョコレートカラーの温かみのあるカラーで深みのあるアイメイクにするのがおすすめ。

今回使ったのは韓国コスメdasiqueのチョコレートファッジというカラーのアイカラーパレット。

ブラウン系のシェードカラーの種類が豊富で、奥行きのあるアイメイクを作りやすいです。

またアイラインではなく、ブラウンのアイシャドウで囲みアイにするメイクが今っぽアイメイクにしてくれます。

ポイントはアイホールにシェードカラー、目尻側の上まぶたと目の下のキワに濃いめのシェードカラーを重ねて、目尻中心に締め色で囲むこと。

このような配色にすることで重たくならず、お古メイクにも見えず、秋らしい深みのあるアイメイクに仕上がります。

②ハロウィンカラーでアイメイク

アイシャドウパレットにポイントカラーとして入っていても、あまり使う機会のないパープル系の色味。

そのまままぶたにのせると古くさいメイクになりやすいのですが、目の下にポイント的に使うといっきに今っぽオシャレなアイメイクになります。

特にオススメは、秋を意識したハロウィンカラー配色です。まぶたはオレンジブラウンで仕上げて目の下はパープル。

一見派手そうに見えますが、柔らかく入れるとそこまで派手に見えません。

今回使用したのはエクセルのリアルクローズシャドウのシナモンスエードと、KATEのデザイニングブラウンアイズのスキニーオレンジです。

マスカラやアイラインはブラウン系で優しい色合いで合わせましょう。

③カラーラインで今っぽアイメイク

最近種類がかなり増えたカラーのアイライナー。

ノーマルなベージュ系やブラウン系のメイクの差し色として使うと、それだけで今っぽアイメイクに近づきます。

特にオススメなのが、くすみカラーのアイライン。そこまでカラーを主張しすぎず、色のニュアンスを足してくれます。

オススメは、旬なピスタチオグリーンやマスタードブラウンのアイライナー。

肌に馴染みやすくもカラーのニュアンスで秋っぽいイメージにシフトできます。

今回使用したのはD-UPのアイライナーです。くすみ系のカラーが揃っていて細かいラインも描きやすくてオススメです。

いかがでしたか?秋はくすみ系や温かみのあるカラーが使いたくなりますよね。カラーが映える使い方も意識して、とり入れてみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録