アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
スターチス 花言葉

スターチスの花言葉は怖い?色別(紫・黄・白・青)の意味や由来を解説!

/

小さな上向きの花をたくさん咲かせ、房状の花姿になるスターチス。白やピンク、紫や青など花色が色とりどりで、切り花だけでなくブーケやフラワーアレンジメントとしてもお馴染みの花です。今回はそんなスターチスの花言葉や由来について解説していきます。

目次

1.スターチス(リモニウム)の花言葉と由来

ここでは、スターチスの花言葉と由来を解説していきます。

1-1.スターチス(リモニウム)全般の花言葉

スターチス全般の花言葉は
・『変わらぬ心』
・『変わらない誓い』
・『永遠に変わらない』
・『途絶えぬ記憶』
の4つです。
どれも不変的な意味合いの花言葉で、ブーケや切り花などのプレゼントにふさわしいイメージですね。
ちなみに英語の花言葉には、
・『remembrance(記憶)』
・『success(成功)』
・『sympathy(同情)』
があります。

1-2.スターチス(リモニウム)の花言葉の由来

スターチスは、鮮やかな花色が色あせない性質があるため、切り花だけでなく、ドライフラワーとしても人気が高い花です。
スターチスのそのような性質から、『変わらぬ心』『変わらない誓い』『永遠に変わらない』『途絶えぬ記憶』の、不変的な花言葉が託されたといわれています。
スターチスの花言葉はどれも詩的な雰囲気があるため、ロマンチックな人がつけたのではないかとも考えられます。

1-3.スターチス(リモニウム)の花言葉に怖い意味はある?

スターチスの花言葉には怖い意味は特にありません。
スターチスは生花はもちろん、ドライフラワーとしても美しい花色を保ち、驚異的な花持ちの良さが特徴。
この性質から、お祝いごとだけでなく仏花として用いられる場合が多いため、怖い意味があるのでは、と考える人もいるようです。
また昔は、スターチスの同種植物が下痢止めとして使用されていました。
これが時間とともに歪曲され毒性があると勘違いした結果、怖いイメージを持ったのではないかと考えられています。

2.【色別・種類別】スターチス(リモニウム)の花言葉の意味

ここでは、スターチスの色別と種類別の花言葉を紹介していきます。

2-1.青紫は『知識』

青紫のスターチスには、『知識』の花言葉が付いています。
鮮やかな色あいですが知的な雰囲気があるので、花言葉としてもふさわしいのではないでしょうか。

2-2.紫は『上品』『しとやか』

紫のスターチスの花言葉は『しとやか』『上品』です。
高貴な印象の色なので、お似合いの花言葉ですね。

2-3.黄は『愛の喜び』『誠実』

明るく華やかな黄色のスターチスには、『愛の喜び』『誠実』の花言葉が託されています。
ブーケやフラワーアレンジメントでもアクセントになる花色なので、花屋さんでも人気の品種です。

2-4.ピンクは『永久不滅』

ピンクのスターチスの花言葉は『永久不滅』です。
ドライフラワーにした場合、ピンクが最も発色がよく、色持ちが良いことから来ているのではとされます。

2-5.白には個別の花言葉がない

白のスターチスには花言葉はないため、スターチス全般の花言葉を用いるのが一般的です。

2-6.ハイブリッドは『お茶目』

ハイブリッドの花言葉は『お茶目』です。
他のスターチスと比べてボリュームがある花姿で、かつ鮮やかな色をしているので、フラワーアレンジメントでも存在感があります。

3.【基本情報】スターチス(リモニウム)はどんな花?

スターチスの基本的な情報は以下の通りです。

3-1.スターチス(リモニウム)の特徴

茎の先端に小さな花をたくさん咲かせるスターチスは、イソマツ科イソマツ属に分類される植物です。
ヨーロッパや地中海沿岸を原産としており、台湾やロシアなど寒暖に関係なくさまざまな地域で自生しています。
さまざまな色の花を咲かせ発色が良いので、ブーケやフラワーアレンジメントでは全体を調和させる花『フィラフラワー』として用いられます。
ちなみに、スターチスの花に見える部分は葉が変化した萼(ガク)で、中に花が咲いている構造です。

3-2.スターチス(リモニウム)の名前の由来

『Statice(スターチス)』はギリシア語の『statizo(止める)』が語源で、スターチスが下痢止めの薬草として用いられたことが由来となっています。
別名のリモニウムはギリシャ語で『草原、沼』の意味があり、浜辺でたくさんの花を咲かせるスターチスの姿からつけられたのではないでしょうか。
また、和名の『花浜匙(ハナハマサジ)』は、花の形が匙(さじ)に似ていることから名付けられたとされています。

3-3.スターチス(リモニウム)はいつの誕生花?

スターチスの誕生花は花色によって以下のように異なります。
・4月18日(ピンク色)
・4月29日(淡紫)
・5月7日、11月17日(その他)

4.スターチス(リモニウム)の花の種類

鮮明で多彩な花色のスターチスは、園芸品種を含め150種類以上の品種が世界中に存在しています。
ここでは、そんなスターチスの中でも代表的な品種を紹介していきます。

4-1.スターチス・シヌアータ

日本で最も栽培されている品種で、宿根草ですが観賞用や切り花としても扱われている一年草です。
耐寒性があり、青や紫、ピンク、黄色などのさまざまな花色も特徴です。

4-2.リモニウム・ベリディフォリウム

ヨーロッパやコーカサス、シベリアなどに分布する品種で、『宿根スターチス』の名前でも流通しています。
主に切り花として栽培されており、『カスピアスターチス』『スターチス・カスピア』の呼び名もあります。

4-3.リモニウム・ボンデュエリ

アルジェリアに多く分布している多年草で、鮮やかな黄色の花びらと萼が特徴です。穂が小さめなので、しとやかで繊細な印象の花でもあります。

4-4.リモニウム・ラティフォリウム

ブルガリアやルーマニアに分布しており、ライトブルーの花を咲かせる品種です。『宿根スターチス』としても流通しており、スターチスの原種としても知られています。
また、『ニワハナビ』『ヒロハノハマカンザシ』の和名があります。

4-5.ハイブリッド系

スターチスのハイブリッドとは、カスピアとテラフォリアを交配させ品種改良した品種です。
【ハイブリッド特徴】
・四季咲性
・鮮やかな色と大きい花弁
・花もちが良い
・ボリュームがある
などの性質があり、生花やドライフラワーでも人気です。

色が変わりにくいスターチスはドライフラワーにぴったり!

茎の先端にいくつもの小さな花を房状に咲かせる、スターチス。
かわいらしい見た目と発色の良さから、切り花だけでなくブーケやフラワーアレンジメントとしても重宝される植物です。
そんなスターチスは花の色が変わりにくいのでドライフラワーにもぴったり。
花言葉も強い意志を感じる不変的なものばかりなので、ぜひさまざまなシーンで取り入れてみてくださいね!

まとめ

・スターチスの花言葉は『変わらぬ心』『変わらない誓い』『永遠に変わらない』『途絶えぬ記憶』
・色別の花言葉もある
・スターチスに怖い花言葉はない
・花持ちがよく多彩なスターチスはフィラフラワーとして人気
・スターチスの品種は150種類以上ある



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill トレンド

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録