アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
30歳からのデカ目メイクの新常識♡大人女子こそ絶対やるべきなアイメイクテク4選

30歳からのデカ目メイクの新常識♡大人女子こそ絶対やるべきな「アイメイクテク」4選

/

30代に入ってからのメイクは、これまでのデカ目メイクとは一味違います。大人の女性らしい上品さを活かしながら、若々しさをプラスするテクニックをご紹介。「今までのようにうまくメイクができない」と悩んでいる方も必見です。

目次

【POINT1】クリームシャドウでハリツヤと立体感を

アイシャドウは一番最初にクリームアイシャドウを使うべし!それだけでハリツヤ、立体感を与え、一気に若々しい目元にしてくれます。

また、パウダーシャドウだけで仕上げると、どうしても粉っぽさが出てしまい小皺が目立つなんてことも…!

まぶたの皮膚に潤いを与えるクリームシャドウはアラサーメイクに欠かせません。

【POINT2】リフトアップ効果が狙えるアイシャドウの塗り方

アイホールに塗るアイシャドウ、これまでは丸く広げていたという方が多いのではないでしょうか?

30歳以降は翼状に広げるのがおすすめ。目元をキュッと引き締め、頬の位置も上がって見えるので、顔全体のリフトアップ効果があります。

しっかりと血色感のあるカラー(ピンクやオレンジ)を選ぶのもポイントです。

【POINT3】引き締めアイラインは「横伸ばし」が重要

ナチュラルメイクにするために、アイラインを引かなかったり、ぼんやりとボカしてしまう方も多いかもしれませんが、30代だからこそリキッドライナーでしっかりと引き締めてあげることが重要。

年齢とともに目尻のまぶたは下がってしまいます。

下向きのアイラインは余計に垂れさせてしまうし、跳ね上げラインも実はまぶたのたるみを強調してしまいます。

ですので、アイラインは真横に5mm程度伸ばすことがポイントです。

【POINT4】色気をプラスする「ニュアンスブラックのマスカラ」

ニュアンスカラーとは複数の色が混ざったカラーで、くすみがかった何色とも判断できないような色のことを指します。

最近はプチプラコスメでも、紫やグレーのようなニュアンスブラックのマスカラが登場。

ケバくしたくはないけど、目の印象はしっかりと欲しいなんて時にニュアンスブラックのマスカラが大活躍します。

光の当たり方や角度によって、何色にも見える艶っぽいまつ毛は、アラサー女性の大人の雰囲気にぴったりです。

使用カラコン/POP LENS ティントアイ[ブラウン]



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録