アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

溶かして冷やすだけ!コラーゲンたっぷり♡3つの味の簡単マシュマロムース

/

コラーゲンで作られているマシュマロ。そのマシュマロだけでムースが作れます。お砂糖もゼラチンも必要ありません。溶かして冷やすだけ、アレンジ自在のムースをご紹介します。おうち時間にまったり作って、お肌プルプルになりましょう♡

目次

コラーゲンたっぷり♡マシュマロムースのレシピ3選

材料(120mlの容器3つ分)

【チョコレートムース】
マシュマロ 40g
好みのチョコレート 40g
無糖ココア 5g
牛乳 150g

【抹茶ムース】
マシュマロ 50g
生クリーム 150g
抹茶パウダー 5g
お湯 20g

【紅茶ムース】
マシュマロ 50g
お好きな茶葉(今回はアールグレイ) 2g
牛乳 160g~

作り方

【チョコレートムース】

① 小鍋に牛乳を量り入れ、弱めの中火にかける。

② 鍋肌に小さな泡が立ってきたら、マシュマロを加え、ホイッパーで混ぜながら溶かす。

※沸騰させないように溶かしてください。

③ マシュマロが溶けたら、弱火にして、チョコレートとココアパウダーを加えよく混ぜる。

④ チョコレートとココアパウダーも溶けたら容器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める。

【抹茶ムース】

① 抹茶パウダーに少しずつお湯を注ぎながら抹茶を溶かす。

② 小鍋に生クリームを入れ、弱めの中火にかける。

③ 鍋肌に小さな泡が立ってきたら、マシュマロを加え、ホイッパーで混ぜながら溶かす。

④ マシュマロが溶けたら、抹茶を加え混ぜ溶かす。

⑤ 抹茶がキレイに溶けたら容器に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める。

【紅茶ムース】

① 牛乳160gを小鍋に入れ、お好きな紅茶の茶葉を加えて弱火にかける。

② 牛乳が色づき、紅茶が香ってきたら茶こしで濾す。

③ 煮だしたミルクティーを再度測量。足りなければ、150gになるように牛乳を足す。

④ 小鍋に移し、弱めの中火にかける。小さな泡が立ってきたらマシュマロを加え、ホイッパーで混ぜながら溶かす。

⑤ マシュマロがキレイに溶けたらお好きな容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

※3つ共通!準備した容器に少しずつ注いでください。あら熱が取れたら、冷蔵庫に入れ冷やして完成!

マシュマロムースを作る時のポイント

沸騰させない

マシュマロはゼラチンでできており、50℃〜60℃の熱で溶けます。ゼラチンのたんぱく質は、高温で溶かすと固まりにくくなる性質があります。沸騰させないように気をつけましょう。

少量ずつ注ぐ

容器に注ぐときは、少量ずつ数回に分けて注いでください。理由は、底に溶けたマシュマロが沈殿している可能性があるからです。少量ずつ注いでくださいね。

固まらないとき

冷蔵庫に入れ、3時間くらい経過しても固まらない場合は、マシュマロを追加して再度加熱してください。弱火で沸騰させないように加熱、です。その後、冷蔵庫で冷やせば固まると思います。

マシュマロムースのアレンジ

チョコレート

ココアパウダーを加えたので、ビターで濃厚なお味に仕上がりました。チョコレートだけでも美味しいです。あっさり味が好みなら、ココアパウダーなしで作ってみてください♪

抹茶

抹茶には生クリームを使いました。とても重厚でねっとりした感じのムースです。生クリームと牛乳をハーフで作ると、ほど良く抹茶の苦みを感じる軽めのムースになります。パウダータイプのほうじ茶でアレンジしても良さそうです。使いきれなかった生クリームの消費メニューにも、いかがでしょうか。

紅茶

私はアールグレイを使用しました。ブレンドタイプの紅茶でもいいですし、アップルやピーチなどフレーバーティーもいいですね。

その他

ミルクとマシュマロだけで、プレーンなムースも作れます。その他、バニラやヨーグルトを加えたり、ジンジャーパウダーとシナモンパウダーを加えたりして、大人のムースに仕上げても美味しいと思います。

今回はマシュマロで作れる、とても簡単なムースをご紹介しました。いろいろ試して、お好きな味を見つけてくださいね!

「#マシュマロ」の記事をもっと見る



この記事の著者

米粉マイスターいづみ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録