アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
若見えのつもりがオバ見えに!?すっぴんよりも老けて見える「アラフォー女子のNGメイク」4選

若見えのつもりがオバ見えに!?すっぴんよりも老けて見える「アラフォー女子のNGメイク」4選

/

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。アラフォーになりお悩みが増え始めた方は、メイクでなんとか誤魔化そうとしていませんか?若見えを狙って力が入りすぎてしまい、すっぴんよりも残念な結果になってしまう方も多いようです。そこで今回は、アラフォー世代が気をつけたい、すっぴんよりも老けて見えるメイクについてご紹介します。

目次

NG1:シワが悪目立ちする「広範囲にコンシーラー」

マスク生活がスタンダードになって以来、顔全体にファンデーションを塗るのをやめた方が少なくありません。よくみられるメイクのひとつが、顔全体に化粧下地を塗り、人目につく目周りはコンシーラーを重ねるという方法です。手軽なのにシミや色ムラをしっかりカバーできることから、この塗り方を好む方が多いようです。

コンシーラーはカバー力に優れており、部分使いもしやすく便利ですが、乾燥しやすくシワが目立ちやすいというデメリットも。目元だけが見えるマスクシーンでシワが目立つと老けて見られる可能性があるため、コンシーラーを広範囲に使ったメイクはおすすめできません。

やはり大人のメイクでは、リキッドやクリームタイプなどの高保湿なファンデーションを使いたいところです。同じような表情をしてもシワが目立ちにくく、いきいきとした印象に仕上がりました。

NG2:可愛らしく見せるはずが時代錯誤に「盛りすぎチーク」

若々しさと可愛らしさをアピールしたくて、チークを塗りすぎていませんか?盛りすぎのチークは若々しさよりも、ギラギラとした若作り感が主張されてしまいます。

ナチュラルメイクがトレンドの現代では、目立つチークはやぼったい印象に。若作り感も相まって、ますます残念に感じられます。チークはほんのりと色づく程度で十分です。色みがはっきりわかるくらい塗るのは控えましょう。

NG3:華やかにするはずが間伸び顔に「外側盛りアイメイク」

アイシャドウは塗り方次第で印象が変わるもの。同じアイシャドウを使っていても、メインカラーをどの部分に重点的におくかで顔のつくりも違って見えます。

目の外側にメインカラーを強調させると華やいで見える効果がありますが、外側に重心が置かれることで顔が間伸びした印象になってしまうことが。とくに、目元が寂しい印象になる大人世代では、間伸び感がより強調される可能性があります。

印象を引き締めたい場合は、メインカラーの重心を内側に置いてみてください。これだけでキリッとした印象になり、年齢による間伸び感が薄れるでしょう。

NG4:目力というより必死感が強調される「直角がっつりマスカラ」

目元が寂しくなると、マスカラでくっきりと見せたいところ。とはいえ、カールの角度やボリュームには要注意です。まつげが直角になるくらい真上にカールさせると不自然な印象に。さらにボリュームまで出しすぎると、必死感が漂ってしまいます。

まつ毛は直角にならないように、ゆるやかなカーブを意識しましょう。アイラッシュカーラーでまつ毛の根元、中間、毛先の3段階で挟むと、自然な角度のカールになるでしょう。マスカラも塗りすぎず、ロングタイプでスッと伸ばすように塗ると美しく仕上がります。

年齢をカバーしようとしてやりすぎると、余計にお悩みを際立たせてしまいやすいです。できるだけ薄く仕上げることを意識して、ナチュラルを重視したほうが結果的に若々しく見えやすいでしょう。



この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録