アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク ブラウン ビューティー ピンク アフター

やってる人が多いけど実はやめた方がいい!40代が気をつけたいメイクの落とし穴3選

/

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。定番や人気のメイクをなんとなくしていませんか?若い頃は気に入っていたメイクが、なんとなくしっくりこないという方も多いのではないでしょうか?今回は40代の方が気をつけたいメイクの落とし穴と改善方法をご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
アイメイクのコツ
流行りだけど実はむずかしい…ヌーディー&くすみカラーのアイメイクを失敗しないコツ

目次

1.血色感のないブラウンメイク

血色感のないブラウンメイク

王道と思われがちなブラウンのアイシャドウ。若い頃なら問題なくつけられた色ですが、歳を重ねると難易度が上がっていきます。

その原因は、加齢による肌のくすみ。40代では、昔よりも肌や目元のくすみが強まっているため、ブラウンで陰影をつけるとくすみが強く見えやすくなります。

画像のBeforeは、ブラウンやベージュだけでメイクをした状態です。顔色が悪く見え、暗く老けた印象になりました。

一方、AfterはBeforeのブラウンメイクに手持ちのピンクアイシャドウを重ねた状態。アイホールにほんのりとピンクを重ねるだけで、目元のくすみがやわらぎか表情も明るく見えます。

同一パレットに血色の入ったものを使うと、より美しい仕上がりに。ピンクブラウンやオレンジブラウンなどのアイシャドウを使うことをおすすめします。

2.パールのチークやハイライトで毛穴目立ち

パールのチークやハイライトで毛穴目立ち

せっかくベースメイクがキレイに仕上がったのに、チークやハイライトを塗ると途端に毛穴が目立ってしまったという経験はありませんか?

実は、パールの多いチークやハイライトは、毛穴を目立たせてしまうことが。毛穴のお悩みがある場合は、その部分にパールタイプを重ねるのは避けたほうがよいでしょう。

チークやハイライトで毛穴を目立たせない方法は、ノンパールタイプを使うこと。パールが無配合なものなら、毛穴が悪目立ちすることはありません。

微粒子で保湿成分が配合されているチークだと、乾燥による毛穴目立ちを防ぎやすくなります。

ノンパールでしっとりとした保湿成分配合のチークやパウダーを使うと、肌に溶け込むようにしっくりとなじみます。

3.ノーズシャドウで顔がくすむ

ノーズシャドウで顔がくすむ

顔に陰影を与えることで、小顔効果や立体感を演出できるシェーディング。

引き締まった印象になりたい方にもぴったりなメイク方法ですが、やりすぎると顔がくすんで見える原因になります。

とくに、ノーズシャドウには要注意。目元付近に陰影をつけすぎると、顔が暗く見えやすくなります。キリッとした印象になりたいからといって、ノーズシャドウの入れすぎには気をつけましょう。

とくに、40代で顔全体が暗くなりだすと、ノーズシャドウでますます暗く見えてしまう可能性があります。

ノーズシャドウを入れるときは、眉頭から鼻筋にかけて薄く狭く入れ、下に伸ばさないようにしましょう。

広く長く入れると、陰影の量が多くなりくすんで見えてしまいます。メイクの落とし穴は気づかないうちにはまるもの。

40代が気をつけたいメイクの落とし穴3選をご紹介しました。今回ご紹介したメイクに心当たりのある方は、ぜひ改善方法を試してみてくださいね。



この記事のライター

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録