読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ブルーライトは肌にも影響!ブルーライトカットのアイテム紹介

お風呂に入って、さぁ寝よう! と思ってもベッドの上でスマホを開いてしまい、ニュースアプリやSNSを見ながらウトウト眠りにつく…。そんな生活を送っている方も多いのでは?実はそれ、睡眠の質を下げているのかも。職場でも使いたい最強のPCメガネカーボンシェイドについて鈴木裕さんが実際に使った感想を教えてくれました。

このコラムにありがとう

目次

この記事に出てくるアイテムの金額

  • 「carbonshade」(カーボンシェイド) $129
  • 日本円にして約14,333円(税込)

※2017年3月時点

睡眠の質は身体に大きく関係する

こんにちは、「一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書」の著者であり、パレオダイエッターの鈴木祐です。

食事に気をつかって運動もしているのに、なぜかお肌はボロボロ、体脂肪もいっこうに減らない……。そんな悩みをお持ちの女性は、もしかしたら睡眠の質が悪いのかもしれません。

寝不足は肥満の原因になりがち

美容のためには良質な睡眠が必須。多くの実験データでも寝不足の悪影響はハッキリしており、例えば2016年にロンドン大学が行った研究では、1日の睡眠が6時間より少ない女性は18日ごとに1キロずつ体重が増えていくことがわかったそうです(※1)。

また、2008年に16人の女性を対象に行われた実験では、睡眠の質が低い人ほど肌荒れが多くなり、皮膚が紫外線のダメージに弱くなってしまう事実も明らかになっています(※2)。

そして、近ごろ睡眠不足を引き起こす大きな原因と言われるのが「ブルーライト」です。

ブルーライトの恐ろしさ

ブルーライトはスマホやテレビなどから出る強い光のこと。夜中に大量のブルーライトを浴びると、睡眠に必要なホルモンの分泌が大きく下がってしてしまいます(※3)。つまり、言い換えれば、寝る前にスマホやタブレットを使う人ほど体重が増えやすくなるわけです(※4)。

そのため、最近では「JINS PC」のような商品を使う人も増えてきました。スマホの青い光だけをブロックするレンズを使ったメガネで、およそ10~25%のブルーライトをブロックすると言われています。

が、実際のところ現在のPCメガネでは、あまり睡眠改善には役立ちません。ほんの25%ほどブルーライトを防いだところで、睡眠ホルモンは大して増えないことが明らかになっているからです(※2)。

ガッツリとブルーライト抑止


そこで、筆者が愛用しているのが「carbonshade」(カーボンシェイド)というメガネ。海外のベンチャー企業が2016年に発売した商品で、とにかく徹底的にブルーライトをブロックするために開発されました。


写真のとおりオレンジ色のレンズがはめ込まれており、どんなに明るいモニターでも、徹底的にブルーライトだけを防いでくれます。その性能は凄まじく、なんとブルーライトのカット率が99.8%! まさに最強の快眠アイテムです。


また、カーボンシェイドはデザイン性も高いのが特徴のひとつ。筆者が購入したクラシックタイプのほかにも「レトロ系」や「クラブ系」など全4種類をそろえており、自分の好みに合わせて選ぶことができます。


カーボンシェイド公式サイトのスクリーンショットです。

お値段は1個129ドル。やや高く感じられますが、これで睡眠の質が上がるなら安いものでしょう。

実際に使用した結果

実際、筆者もカーボンシェイドを半年ほど使い続けていますが、装着した日から効果を実感できました。いつもより早い時間に眠気に襲われるようになり、寝床についたとたんにグッスリと眠れるようになったのです。翌朝の目覚めもよく、個人的には良い買い物だったと思います。

睡眠不足にお悩みの方や、睡眠の質を上げて美容と健康をレベルアップさせたい方は、試してみてはいかがでしょう。

※1 Al Khatib HK, et al. "The effects of partial sleep deprivation on energy balance: a systematic review and meta-analysis"(2016)
※2 Mostaghimi L, et al. "Prevalence of mood and sleep problems in chronic skin diseases: a pilot study."(2008)
※3 Joshua J. Gooley, et al. "Exposure to Room Light before Bedtime Suppresses Melatonin Onset and Shortens Melatonin Duration in Humans"(2011)
※4 Arora T, et al. "Exploring the complex pathways among specific types of technology, self-reported sleep duration and body mass index in UK adolescents."(2013)

<鈴木祐 プロフィール>

1976年生まれ。新宿区在住のライター / 編集者。パレオダイエットにくわしい人。ライター歴は18年ぐらい。科学の知見を自分のカラダで試していくのが趣味で仕事。


執筆者:鈴木祐

更新日:2017年4月3日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録