アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
冬はシワが目立って老け見えの可能性大!40代が冬に気をつけたいNGメイクとは

冬はシワが目立って老け見えの可能性大!40代が冬に気をつけたいNGメイクとは

/

こんにちは、コスメ&メイクライターの古賀令奈です。「夏よりもシワが増えたような気がする」という方は、乾燥のせいでシワが悪目立ちしている可能性があります。そこで今回は、冬になると気をつけたい40代のNGメイクとお直し方法についてご紹介します。

目次

NG1:冬でも皮脂や毛穴対策の下地を使う

一年中同じ化粧下地を使っていませんか?スキンケアを季節に応じて替えるように、ベースメイクも替えたいもの。マスクくずれが気になるからと冬でも皮脂くずれ対策や毛穴カバーを重視した化粧下地を使っている方はご注意ください。

NGは毛穴カバーのサラッとした下地にパウダーを重ねた状態です。サラサラとしていますが、シワはくっきりと目立ってしまいました。

OKは保湿タイプの下地に先ほどと同じパウダーを重ねた状態です。しっとりとした仕上がりでシワもNGほど目立ちません。

保湿タイプだと化粧くずれや毛穴が気になる場合は、その部分だけにくずれや毛穴対策の下地を使うのがおすすめです。シワが気になる部分には保湿タイプを使うと、理想的なコンディションを保ちやすいでしょう。

NG2:コンシーラーでしっかりカバー

目周り全体にコンシーラーを使っている方は、そのせいでシワが目立っているかもしれません。コンシーラーはカバー力に優れているものの粉体を多く含んでいるため、どうしても厚塗り感が出てシワも目立ちやすいです。

画像左はコンシーラーを塗り、フェイスパウダーを重ねたものです。コンシーラーがシワの溝に入り込み、シワをくっきりと見せています。中央はコンシーラーにパウダーファンデーションを重ねたものです。左端のフェイスパウダーを重ねた状態よりもシワがますますくっきりと刻まれる結果となりました。

一方、画像右はパウダーファンデーションだけを塗った状態です。シワが悪目立ちせず一番キレイに見えます。シワを目立たせたくない方は、コンシーラーはできるだけシワに重ならないように局部的に使ったほうがよいでしょう。

NG3:粉をパフでしっかり塗る 

フェイスパウダーを使う場合は、塗るツールでもシワの目立ち方が変わります。仕上げのお粉で一気にシワが目立ってしまったという方は、ブラシを取り入れてみてください。

気をつけたいのは、パフを使う場合です。パフは肌にしっかりと密着するため粉がしっかりとつきますが、そのぶんシワが目立ちやすくなります。

ブラシはパフよりも粉を含む量が少なく密着度も低いため、自然とつきすぎを防げるでしょう。物足りない場合はブラシで薄く重ねていくと、適量に調整しやすいです。

シワの目立ち具合は使うアイテムや塗り方次第で変わります。また、メイク前の保湿も大きく影響します。冬のスキンケアはクリームのような濃厚なアイテムでしっかりと保湿をしておき、そのうえでシワが目立ちにくいメイクを心がけるとよいでしょう。



この記事の著者

古賀令奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録