アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
収納グッズ

ニトリvs無印良品!人気収納グッズ「ファイルボックス」何が違う?収納のプロが徹底比較!

/

片付け・収納の専門家、鈴木久美子です。お客様宅の収納サポートで必ず聞かれるのが、ニトリと無印良品のどちらがいいの?という質問です。収納スペースや、使うアイテム、お好みによっても選ぶ基準は異なってくると思います。今回はどちらを選べばいいか、悩んでしまいがちな定番収納グッズを比較して解説します。

目次

ニトリと無印良品の収納アイテム、どちらが使いやすい?

収納を整えるときに役立つアイテムNo.1のファイルボックスを比較していきます。

ニトリはファイルケースで、無印良品はファイルボックスという商品名です。

以前はこの2つのファイルボックスはサイズの違いや価格に大きな違いがありました。現在は両アイテムともほとんど同じですが、わずかな違いがいくつかあります。

2つのアイテムの違いをご紹介しますので、お好みに合わせて選んでいただけたらと思います。

違い①ニトリは真っ白、無印良品はホワイトグレー

ニトリ 無印良品 収納グッズ

見た目で大きく違うのは色です。お客様の中にはどちらも白だと思っている方も多いのですが、ニトリは真っ白、無印良品はホワイトグレーです。

グレーと言っても、ほとんど白に近いので、お部屋の中に取り入れた時には、真っ白過ぎず、落ち着きのある色です。色に関しては、好みが大きいので、できれば店舗で実物を見て決めて頂けたらと思います。

違い②ニトリは側面にくぼみがある

ニトリ 無印良品 収納グッズ

次は形状の違いです。一見同じように見えますが、ニトリには側面にくぼみがあります。

ファイルボックスですので、ファイルや書類を入れたときに、指を入れて出し入れしやすい形状となっています。書類を入れる事を考えるとくぼみがある方が取り出しやすいですね。

ファイルボックスを書類以外の収納に使う場合には違いはなく、見た目的に側面が直線で揃っている方が好きという方もいます。

違い③サイズバリエーションの違い

無印良品 収納グッズ

先程から比較としてご紹介しているのは、両者レギュラー、スタンダードタイプの約10cm(ニトリは9.7cm)幅ですが、ニトリ、無印良品ともワイド幅があります。

また、ニトリは2サイズのみですが、無印良品は10cm、15cm、25cmと3つの横幅に加え、高さが半分のハーフタイプもあり、シリーズで揃えて収納を作っていきやすいです。

違い④無印良品は組み合わせて使えるアイテムがある

無印良品 収納グッズ

無印良品のファイルボックスには、追加して使える、別売りのアイテムがあります。

例えば、ファイルボックス専用のフタやキャスター、ふちに引っ掛けて使える小物ポケットなどです。組み合わせて使う事で、収納内で使うだけでなく、すき間収納として使ったり、デスクの下で使ったりと使用シーンが広がります。

上の画像はフタを付け、上にハーフタイプをのせた例です。

無印良品 収納グッズ

また、フタにはキャスターを取り付ける事も可能です。

違い⑤価格の違い

最後に価格を比べてみます。以前は無印良品がかなり高かったのですが、値下げされたので現在は、10cm(ニトリは9.7cm)幅のタイプで349円(ニトリ)、390円(無印良品)となっており、あまり差がない価格となっています。

商品DATA

ニトリ ファイルケース レギュラー 幅9.7×奥行32×高さ24cm 価格349円(税込)

無印良品 ポリプロピレンファイルボックス・スタンダードタイプ 約幅10×奥行32×高さ24cm 価格390円(税込)

今回は、ニトリ、無印良品の定番人気ファイルボックスの5つの違いについてご紹介しました。

1つ収納を取り入れると、シリーズで揃えていく方が統一感もありスッキリ見えます。個人的には無印良品の色とバリエーションの豊富さで無印良品を選ぶ事が多いです。

皆さんはどちらが好みなのか、よく選んでご自宅内の収納を揃えてみてくださいね。

収納選びの参考になればうれしいです。

※価格は2023年1月現在です。



この記事の著者

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録