混ぜるだけですぐできる♪秋のほっこりかぼちゃプリン

かぼちゃの季節ですね。かぼちゃは甘みがあってお料理はもちろんスイーツにしても美味しいんです。フードプロセッサーで材料を混ぜるだけの簡単レシピです。

かぼちゃの季節ですね

芋・栗・かぼちゃ…女性は好きな方多いのではないでしょうか?とういう私も大好きです。かぼちゃは甘くてお料理にしても美味しくって、天ぷら、煮物、スープ、蒸し野菜、グリル。我が家でも大人気です。でも、スイーツにしても美味しいんです。

今回はフードプロセッサーで全部混ぜて、型に入れオーブンで蒸し焼きするだけでできてしまうかぼちゃプリンです。

この頃は産直へ行くと丸っと1個売りもしているかぼちゃ、種類も豊富でほっくりしているもの、水分が多いものいろいろですね。そんなかぼちゃの種類で一番好きなものはと聞かれると…北海道産のくりりんかぼちゃがNO.1です。デパートで秋の北海道物産展を楽しみにしてるのです。持ち帰るのは重いですけどね。

私は1個買ってすぐに食べる分を1/4カットほど残し(天ぷらや煮物用です)残りは適当な大きさにカットして蒸籠で蒸してジプロックに小分けして冷凍保存しています。

このかぼちゃプリンはほっこりかぼちゃ、水分が多めのかぼちゃ、どんなかぼちゃで作っても美味しくできてしまいます。甘みが少ないかぼちゃなら少しお砂糖を多めにすれば大丈夫。そして、普通のプリンは火が入ってしまいすぎるとスが入ってしまいますが、かぼちゃプリンは蒸しすぎてもスが入る心配がないのも嬉しいところです。

それでは作り方です。

かぼちゃプリンの作り方

材料

☆かぼちゃ(蒸して種や皮をのぞいて)…200g
☆卵…2個
☆牛乳…150g
☆きび糖…50g
☆シナモン…小さじ1/2

(カラメル)
グラニュー糖…40g
水…小さじ1

作り方

① カラメルを作って容器に等分に分けていれておきます。

② オーブンを160℃に予熱しておきます。蒸し焼きにするのでお湯も用意しておきます。

③ ☆の材料をすべてフードプロセッサーに入れてなめらかにします。

④ ①に③を流し入れ、天板において湯を張り予熱したオーブンで25分~30分湯煎焼きします。

⑤ 粗熱をとって十分に冷蔵庫で冷やして生クリームを添えていただきます。シナモンの量はお好みで小さじ1/4、1/8と減らしてください。

※③のあと、一度漉すとなめらかな食感のかぼちゃプリンに仕上がります。

作る容器で雰囲気を変えられます

トップの写真の容器はストウブのココット10cmで作ったものです。オーブンで使えてそのままテーブルに出せるオシャレさです。

最後の写真はアルミカップに入れて作って、プレートに出してデコレーションしたものです。まだまだ暑いのでアイスクリームを添えて食べるのもオススメです。

シンプルな材料で作るかぼちゃプリン。素材の味、オーブンでの蒸し焼きの加減、それぞれで違った食感を楽しみのひとつです。ぜひ、かぼちゃの美味しい季節に作っていただきたいスイーツです。

「#プリン」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■これは…プリン?ケーキ?新食感!混ぜて焼くだけの簡単スイーツ
■あなたはどっち派!?昔ながらの固めプリンvsなめらかプリン
■寒い日には、丸ごとかぼちゃで温まりましょ♪
■ほくほくかぼちゃとひき肉たっぷり♪メレンゲミートパイの作り方
■濃厚黒ゴマプリンで♪ヘルシーな和のカップスイーツ!


更新日:2018年9月5日 / 公開日:2018年9月5日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録