アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
グラデーションにしないのが今っぽ!40代の今っぽ顔になれる垢抜けアイシャドウメイク3選

グラデーションにしないのが今旬!40代の今っぽ顔になれる垢抜けアイシャドウメイク3選

/

美容ライターの遠藤幸子です。複数の色を用いたグラデーションアイメイクが鉄板だった時を過ごしてきた40代ですが、そんなメイクも今は昔。まぶたのたるみが気になり、トレンドも移り変わる中で、いつまでもそのメイクを続けるのはNGです。今回は、40代が今っぽ顔になれる垢抜けアイシャドウメイクを3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

他のおすすめ記事を読む
40代の眉メイク
実年齢よりも老けて見えるのは眉のせい?40代の眉を今っぽくチェンジする方法

目次

【垢抜けアイシャドウメイク①】アイホール全体に明るいアイシャドウ1色×ラメ

垢抜けアイシャドウメイクを成功させるためのポイントは、シンプルに仕上げること。これは、今っぽ顔になるための最大のポイントでもあります。

そのためには、メイクの仕方だけでなく、色選びも大事です。肌なじみがよく、明るい色のアイシャドウを選び、それをアイホール全体に広げましょう。そして、そのアイシャドウと同系色、もしくは寒色ならシルバー、暖色ならゴールドといったように、アイシャドウと相性の良いラメをアイホールの中央部分に重ねましょう。

アイライナーやマスカラは急に鮮やかな色を取り入れると、せっかくアイシャドウで作り上げたメイクの仕上がりを損ねる恐れがあります。そのためアイシャドウの雰囲気に溶け込む色のアイライナーとマスカラを選びましょう。

単色アイシャドウだと目元が寂しくなる可能性があるので、アイライナーはリキッドがおすすめ。ペンシルを使うときよりも少しだけ太さを出しましょう。マスカラはボリュームタイプでもロングタイプでもOK。まつ毛の状態や仕上がりの好みで選びましょう。

【垢抜けアイシャドウメイク②】アイホール全体に淡色アイシャドウ×締め色アイシャドウを目尻側にふんわりのせる

アイホール全体にベージュやパステルなど淡い色のアイシャドウを塗り、締め色のアイシャドウを二重幅ではなく、目尻側にフワッと入れましょう。そうすることで、目元に自然な立体感が出ます。

このメイクの場合も、あえて色は抑えるのがベター。アイシャドウとなじみがいい色のアイライナーやマスカラを使いましょう。ただし、アイライナーはリキッドがおすすめ。目尻側に向かってほんの少し太さを出し、目のフレームに沿って自然にフェードアウトしましょう。

マスカラはボリュームタイプでもロングタイプでもOK。まつ毛の状態や仕上がりの好みで選びましょう。

【垢抜けアイシャドウメイク③】アイホール全体に明るいブラウンのアイシャドウ×下まぶたにグリッターライナー

淡い色ではなく、もう少し色が欲しいという人におすすめなのが、明るいブラウンを使ったアイメイク。アイホール全体に明るいブラウンのアイシャドウを塗り広げます。その後下まぶたにゴールドのラメが品よく煌めくグリッターライナーを引きます。

マスカラとアイライナーはブラウンを合わせるのがおすすめです。アイライナーはリキッドでもペンシルでもOK。目のフレームに沿ってまつ毛のキワを引き締めるように、細めに入れましょう。

マスカラはボリュームタイプでもロングタイプでもOK。まつ毛の状態や仕上がりの好みで選びましょう。

いかがでしたか。今回は、40代が今っぽ顔になれる垢抜けアイシャドウメイクを紹介しました。ぜひ参考にしていただき、より自分の魅力を輝かせるアイメイクを楽しんでください。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録