アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

300円でメイクの仕上がりが激変?!ダイソーのカブキフェイスブラシ

/

カブキフェイスブラシってご存知ですか?歌舞伎のカツラをイメージして名付けられたというこの大きなブラシは海外で大人気。ハイブランドでも続々と発売されています。メイクの仕上がりの良さから、日本でもSNSで徐々に話題に!そんなカブキブラシをダイソーで発見したのでご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
ブルベさんのメイクの落とし穴
あなたもやってる可能性大!ブルベさんがやらないほうがいいメイクの落とし穴

目次

商品情報

商品名:椿姫 カブキフェイスブラシ
価格:¥300+税(2018年10月12日時点価格)
販売ショップ:全国のダイソー

ブラシでメイクって変わるの?

字が上手い人はどんなに悪い筆でも良い文字が書ける…「 弘法筆を選ばず」なんてことわざがありますが、いやいや、そんなことはありません。

達人ならばどんな筆でも見事な文字を書くことが出来るかもしれませんが、良い筆を使えば、もっとよい文字がかけるのではないでしょうか♪メイクも一緒で、良い筆を使えば、メイクの仕上がりも劇的に変わるんですよ!

ダイソーカブキブラシはどう使うの?

今回ご紹介するカブキフェイスブラシはパウダーを顔に付ける時に使うブラシ。毛量が多いから、粉含みが良く厚付きになりません。

各ブランドから発売されているカブキフェイスブラシですが、高価な物が多くちょっと手が出しにくいんです…。

そんな時、発見したのがダイソーの人気シリーズ椿姫のカブキフェイスブラシ!

ピンクのナイロン毛が可愛らしいですよね。見ているだけでもテンションが上がります♪

指で毛をかき分けてみると底が見えないほどの密度が!¥300とは思えない毛量です。

筆の良し悪しって実は値段ではないのです。高級な天然毛の筆はもちろんいいですが、毛の先端が細すぎて意外と皮膚への刺激が強かったり、獣臭やアレルギーが気になってしまったりと、使う人によってはデメリットになる場合も。

椿姫のブラシならナイロン製なのでそういった心配が少なく、しかも天然毛と比べてお手入れも簡単なんですよ!

ダイソーカブキフェイスブラシの使い方

ブラシの先端にしっかりとパウダーをなじませたらブラシの面を顔に垂直にあてて、くるくると顔の中心から外側へ粉をなじませていきます。

毛穴が気になるパーツには、粉を入り込ませるようにくるくると小刻みにブラシを動かし粉を塗っていきます。

密度が高く、ふわっとしていて気持ちいい♪毛が柔らかいのでチクチクも感じませんでした!

いつもはパフでルースパウダーを付けているのですが、カブキブラシなら薄く付くので粉っぽくなりません。ナチュラルメイク派にオススメです。

今回はダイソーのカブキフェイスブラシをご紹介しました。ふわっとした触感とメイクの仕上がりを体感してみてくださいね!

「#ダイソーコスメ」の記事をもっと見る



この記事のライター

michill ビューティー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録