アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

それ、肌乾燥させてるかも?化粧水の効果をぐっとアップさせる使い方

毎日行うスキンケア。中でも、化粧水はスキンケアの基本中の基本で、使わないという人はあまりいないですよね。でも、そんな化粧水…正しく使えていますか?ただ化粧水をつければいいというわけではなく、つけ方によっては化粧水の効果を半減させてしまうことも…。今回は化粧水の効果をアップさせる使い方をご紹介します!

目次

化粧水はお風呂を出てからすぐにつける

お風呂で洗顔をする方も多いと思いますが、洗顔をしてすぐに肌は乾燥し始めてしまうもの。肌が乾燥してしまうことで、化粧水が浸透しにくくなってしまいます。

そのため、化粧水は洗顔後になるべく早くつけることが大切!お風呂から出たらすぐにつけるか、お風呂の中でつけるようにしましょう◎
肌がキレイな状態で化粧水をつけることで、化粧水の浸透力が上がり、効果を上げることができます♪

化粧水の適量を守る

化粧水は少なすぎても乾燥の原因になってしまいますが、多すぎてもNG!化粧水をつけすぎてしまうことで、化粧水の水分が蒸発するとともに肌の水分も失われ、逆に乾燥状態に陥ってしまう可能性があるんです…。保湿しようと思ってつけたのに、水分が失われてしまっては元も子もないですよね。

大体の化粧水には適量表示がされているので、それを参考にしながら化粧水を効果的に使うように心がけましょう♡

優しくおさえて浸透させる

コットン派の人とハンド派の人がいると思いますが、どちらが良いということではなく、自分の肌やつけやすさに応じて化粧水をつけることが大切です。

ポイントは、こすりつけるのではなく優しくおさえるように浸透させていくこと。ゴシゴシと手やコットンでこすってしまうと、肌を傷つけてしまう恐れもあります。

手でつける場合は、両手で化粧水をあたためてから顔全体に伸ばし、気になるところに重ねづけした後に優しく上からおさえつけるように馴染ませましょう。

美容液や乳液などのアイテムも使う

とりあえず化粧水だけつけておけばいいや!と化粧水だけでスキンケアを完了させてしまう方も中にはいますが、化粧水だけで終わらせてしまうのではなく、スキンケアをすべて完了させることが重要なポイント!

化粧水で肌をととのえたあとに、美容液や乳液、クリームなどでしっかりと保湿力も高めてあげることで、乾燥しにくくキレイな肌をキープすることができます♪

また、ヴァセリンなどの保湿アイテムを上手く使うのもGOOD!皮剥けや乾燥が気になるところにピンポイントでつけてあげることで、肌の保湿力を高めることができます。

毎日行うスキンケアだからこそ、正しいやり方をきちんとおさえることで、スキンケアの効果を上げることができます。今更人には聞けないスキンケアのやり方も、今一度おさらいして見直すことも大切です。浸透力や保湿効果をあげ、美肌作りに励みましょう♡

「#スキンケア」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill ビューティー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録