アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
授業参観に適した服装は?季節やジャンル(綺麗め・カジュアル)別コーデ見本

授業参観に適した服装は?季節やジャンル(綺麗め・カジュアル)別コーデ見本

/

授業参観の服装は特別な決まりがないため、どんな服を着ていけばいいのか迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。今回は、授業参観に適した服装のポイント、【春・夏】【秋・冬】・【綺麗め】・【カジュアル】別のコーデを詳しく紹介します。

目次

1.授業参観に適した服装のポイント

授業参観の服装は、意識するべきことがいくつかあります。

最適な服を選べるように、授業参観に適した服装のポイントをチェックしておきましょう。

1-1.オフィスカジュアルのような綺麗めな服を選ぶ

授業参観では、『きちんと感』と『親しみやすさ』を感じられる服装が理想です。

オフィスカジュアルのような綺麗めな服を選ぶと、好印象を与えやすいでしょう。

おすすめのアイテムは以下の通りです。

トップス:ブラウス・シャツ・ニット・ワンピースなど

ボトムス:テーパードパンツ・ワイドパンツ・ミディアム丈のスカート・フレアスカートなど

アウター:カーディガン・ジレ・テーラードジャケット・ノーカラーコートなど

オーバーサイズの服はだらしなく見えることがあるため、ジャストサイズの服を選ぶのが基本です。

1-2.場に馴染む服装を選ぶ

授業参観では、場に馴染む服装を選ぶことも大切です。

派手な色柄の服で出席すると、周囲の目を引いて悪目立ちすることがあります。

授業参観で着ていく服装のカラーは、白・黒・ブラウン・ベージュ・グレー・ネイビーなどベーシックカラーを選びましょう。

また、授業参観には露出度の高い服装も適していません。

胸元・背中が大きく開いたトップスやオフショルダー、ミニスカート、ショートパンツなど、露出の多い服は避けましょう。

アクセサリーをつけるのは問題ありませんが、小ぶりで音が鳴らないものを選ぶのがポイントです。

教室では他の保護者や子どもとの距離が近く、香水の香りが授業の妨げになることもあります。香水が苦手な人もいるので、使用しないか、使用する場合は控えめにしましょう。

1-3.授業の内容にあった服を選ぶ

授業参観と言っても、国語や算数、理科、体育、図工など内容はさまざまです。

体育や図工など親が参加するタイプの授業が行われるときは、動きやすくて汚れても良い服を着ていくと良いでしょう。

Tシャツやデニムなどカジュアルアイテムを選ぶ場合は、綺麗めデザインで清潔感のあるコーデにしましょう。

野外授業の場合は、日除けの帽子を用意していくのがおすすめです。

ただし、「カジュアルな服装で出席したら浮いてしまった」という場合もあるので、服装の傾向がわからないときは同じクラスのママ友に相談してみましょう。

1-4.学校の規則にあった服を選ぶ

学校によっては、ヒールパンプスが禁止などNGがある場合もあります。

授業参観に出席する際は注意事項をよく確認し、規則にあった服装を選びましょう。

また、校風や地域によって、服装のテイストが異なる場合があります。

保護者会などで他の保護者のコーデを確認しておくと、雰囲気に合う服装を選びやすくなるでしょう。

2.【春・夏】授業参観に適したおしゃれコーデ

ここでは、春・夏の授業参観に適したおしゃれコーデを紹介します。

綺麗め・カジュアルコーデ別に紹介しますので、チェックしてみましょう。

2-1.【綺麗めコーデ】ジレ✖︎ワイドパンツ

出典:#CBK

黒トップスと白ワイドパンツのモノトーンコーデに、ベージュカラーのジレを合わせた着こなしです。

サッと羽織れるジレは、コーデにプラスするだけできちんと感が高まり、スタイルアップや体型カバーにも役立ちます。

リラックス感がありつつ、大人っぽく落ち着きのある雰囲気が出せるので、授業参観にぴったりです。

ボリューム感のあるワイドパンツには、すっきりとしたトップスを合わせてバランスよくまとめましょう。

2-2.【綺麗めコーデ】ドットブラウス✖︎ワイドパンツ

出典:#CBK

ドット柄の黒ブラウスに、白ワイドパンツを合わせたモノトーンコーデです。

小さなドットは上品で女性らしい印象があり、大人の女性でも取り入れやすい柄です。

モノトーンでまとめることで甘さを抑えられ、クラシカルな雰囲気も出すことができます。

バッグやアクセサリーなど小物もテイストを合わせて、シンプルにコーディネートしましょう。

2-3.【カジュアル】Tシャツ✖︎パンツ

出典:#CBK

体育の授業参観などでカジュアルなTシャツを取り入れるときは、綺麗めパンツを合わせたコーデがおすすめです。

カジュアルパンツではなく、綺麗めパンツを選ぶことで『きちんと感』を演出できます。

さらに、オールブラックにするとカジュアル感を抑えられ、大人っぽい印象を与えられます。

スニーカーがOKなら、ホワイトカラーや明るめのカラーを選んで重くなりすぎないようにしましょう。

2-4.【カジュアルコーデ】ブルーシャツ✖︎パンツ

出典:#CBK

春先には、ブルーストライプシャツにパンツを合わせたスタイルがおすすめです。

定番のブルーストライプシャツは爽やかで清潔感があり、綺麗めコーデに仕上げたいときに活躍するアイテムです。

オーバーサイズのシャツはリラックスした雰囲気があるため、カジュアルな印象が強くなりすぎることもあります。

黒のパンツと綺麗めの靴を合わせて、シックにまとめましょう。

3.【秋・冬】授業参観におすすめのおしゃれコーデ

ここでは、秋・冬の授業参観に適したおしゃれコーデを紹介します。

3-1.【綺麗めコーデ】ツイードベスト✖️スキニー

出典:#CBK

秋冬の授業参観には、きちんと見えするツイードベストを合わせたコーデがぴったりです。

ツイードベストは羽織るだけで大人っぽい雰囲気が漂います。

また、お尻が隠れるロング丈のベストとタイトなスキニーパンツは相性が良く、下半身の体型をカバーしてすっきりとした印象を与えます。

ベストの下にはクラシカルなボウタイブラウスを合わせて、エレガントに仕上げましょう。

3-2.【綺麗めコーデ】シャツ✖︎タックスカート

出典:#CBK

清涼感のある白シャツに、ボリューム感のあるタックスカートを合わせたコーデです。

ふんわりと広がるフレアスカートは柔らかい雰囲気があり、親しみやすさを演出できます。

タックが入っているものを選べば、甘すぎず大人っぽい印象になりますよ。

シャツだけでは肌寒いときは、綺麗めのカーディガンやニットを重ねると良いでしょう。

3-3.【カジュアルコーデ】チュニック✖︎スキニー

出典:#CBK

リラックス感のあるチュニックにスキニーパンツを合わせた綺麗めカジュアルなコーデです。

オールブラックでまとめることで、大人っぽくシックな印象になります。

黒の他にも、グレー・ネイビーなどスーツに多いカラーは、フォーマル度の高い色です。

ラフに見えがちなコーデに取り入れると、カジュアルな雰囲気を抑えることができますよ。

重くなりすぎないように、バッグや靴など小物に差し色を入れるのがおすすめです。

3-4.【カジュアルコーデ】タートルニット✖︎ジャンパースカート

出典:#CBK

秋冬に活躍するタートルネックに、ジャンパースカートを合わせたコーデです。

シンプルなデザインを選び、モノトーンで合わせることできちんとした印象を与えられます。

ジャンパースカートを子供っぽくならないように着こなすには、Iラインシルエット・ジャストサイズのものを選ぶのがポイントです。

さらに、綺麗めジャケットを合わせると、グッと大人っぽいコーデになりますよ。

授業参観はTPOに合わせたファッションがベスト!

授業参観は子どもの授業を見るだけでなく、先生や保護者とのコミュニケーションをとる場でもあります。

服装には明確な決まりはありませんが、学校の雰囲気や授業内容、学校の規則に合わない服を着ていくと、印象を悪くしてしまう可能性があります。

また、服装のテイストは学校によって異なり、スーツが多い場合もあれば、Tシャツ・ジーンズなどラフな服装が多い場合もあります。

不安なときは、同じクラスのママ友に確認しておきましょう。

今回紹介した情報を参考に、先生や保護者、子どもから見られることを意識して、TPOに合わせた服装をしていきましょう!

まとめ

・授業参観はオフィスカジュアルのような綺麗めファッションで、場に馴染む服装を選ぶことが大事

・体育や図工など親も参加するタイプの授業参観では、動きやすくて汚れても良い服装を選ぶのがポイント

・カジュアルアイテムを取り入れるときは、清潔感を意識すること

・学校の規則でNGなアイテムがある場合もあるので要注意

・校風、地域によって服装のテイストは変わるため、事前に確認しておくのがおすすめ



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

michill トレンド

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る


ファッションの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録