アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
もしかして…ちょっとダサ見えしてるかも?今っぽくない40代さんのアイメイクはココがNG!

もしかして…ちょっとダサ見えしてるかも?今っぽくない40代さんのアイメイクはココがNG!

/

コスメコンシェルジュ・元美容部員のIkueです。実はアイメイクって年齢が出やすいパーツだって知っていましたか?メイクの中でも時代背景だったりトレンドによって違いが出るのがアイメイクなんです。40代になってもアイメイクは昔から同じまま…なんて方は要注意!今回は40代さんのNGアイメイクについてご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
眉がある人こそやっちゃいがち!プロが教える実はやめた方がいいNGな眉の描き方

目次

1.まつ毛バサバサ!やりすぎマスカラ

年齢を重ねてくると自然とまつ毛のボリュームを感じにくくなったり、少し物足りなさを感じていませんか?

もっとまつ毛を太く長くさせたい!そう思って若い頃のようにつけまつ毛をしていいたり、マスカラを何度も重ねていたりしたらNGです。

まつ毛バサバサのマスカラ塗りすぎはダサ見え

マスカラを何度も何度も重ねて太く長く見せようとすると、ダマになったりひじきのようなまつ毛になってしまったダサ見え度がアップしてしまいます。

今っぽまつ毛は1本1本がセパレートしたナチュラルなまつ毛が特徴。

ダサ見え回避にはコームを使ってセパレートに仕上げるのがコツ

長く見せたければ繊維が入ったものを使ったり、重ねてマスカラを塗ってもコームでダマを取ったりしてやりすぎまつ毛を防ぎましょう。

2.ケバ見え確定!濃すぎるアイシャドウ

顔をパッと見た時に1番最初に見るパーツは「目」ですよね。アイシャドウが濃すぎると遠くから見ても「あれ…」と思われがちです。

特に目の周りをグルっと囲むようなアイメイクにならないように気を付けましょう。

暗めで濃すぎるアイシャドウはダサ見え

色の濃いアイシャドウはグラデーションも作りにくいです。

初心者さんは特に使いにくいアイシャドウなので、購入する時も難しいと思う色は失敗しないためにも避けた方が良いです。

今っぽアイメイクは馴染みのよいカラーを使用するのがコツ

今っぽなアイシャドウの塗り方は肌馴染みのよいブラウンやオレンジ・ピンク系などが失敗もしにくく使いやすいです。

広範囲に塗らず、アイホールで収めるように塗っていきます。下まぶたは目尻3分の1程度に塗ります。

ナチュラルに仕上げたい人はダークなカラーは避けて、アイシャドウの中でもナチュラルなベースカラーを塗ってみてください。

3.クルッと囲みアイラインはNG

ダサ見えアイメイクの中でも1番避けてほしいのは囲みアイラインです。

囲みアイラインは特に今っぽさがないんです。囲みアイラインはやめるだけでも一気に垢抜け感が出ますし、若々しさもアップしますよ。

囲みアイラインはダサ見え

アイラインは目頭から目尻まで引くのは避け、目尻だけにスッと入れてみてください。目尻に入れるだけでもぱっちり目に見えるんです!

目頭と目尻の延長線に5mm程度アイラインを描いてみてください。

アイラインは目尻のみかまつ毛の間を埋める程度でOK

まつ毛の量が少なくて目元をもっとパッチしたい人はまつ毛とまつ毛を埋めるように描いていきます。

ブラックで描くとちょっとやりすぎ感が出やすくなるのでアイラインをブラウンやグレーにしてあげるとナチュラルに仕上がります。

今回は40代のダサ見えアイメイクについてご紹介しました。もしかして今もやっている…なんてメイクはありませんでしたか?

もしやっているアイメイクがあれば改善してみてくださいね。今っぽさが取り戻せますよ!



この記事のライター

Ikue

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る


ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録