アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いた部屋

ミニマリスト歴3年の筆者に聞いた!手放した方がいい「5つの思い込み」

/

こんにちは。ミニマリストのおともです。部屋をスッキリさせたいけど思うように捨てられないことはありませんか?それは思い込みが邪魔をしているかもしれません。思い込みに気づき自分の暮らしに合った基準を持つことで片付けが捗るようになり、暮らしやすさも変わっていきます。今回は私が手放した思い込みをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
穴あけるのちょっと待った…!ダイソーで良いの売ってるよ!挟むだけで使える便利グッズ

目次

①同じ服だと思われるのが恥ずかしい

ミニマリスト 捨てた 思い込み

毎日同じ服を着ていると思われるのが恥ずかしいと思い、たくさんの服を持っていました。

しかし、友人と会うとき、以前相手が何を着ていたか思い出せますか?自分が思っている以上に人は相手に関心がないものです。

なんとなくいいと思った服を大量に持っていた頃より、数着だけだけどお気に入りの服を持っている今の暮らしの方が楽しいです。

②持っているのが当たり前

ミニマリスト 捨てた 思い込み

みんなが持っている、持っているのが当たりまえという考えは暮らしが苦痛になることがあります。

部屋にラグを敷くことや各部屋にゴミ箱があるのが当たり前。そう考えてたことによって床掃除が面倒になったり、ゴミ集めやゴミ箱を洗うという家事が増えたりと暮らしが窮屈に感じていました。

ラグを手放してからは粘着テープでラグのゴミを取る作業がなくなり、床掃除も楽になりました。

「持っているのが当たり前」をなくせば、そもそも「なくてもいいんじゃないか」と選択肢が生まれ暮らしやすくなります。

③捨てるのはもったいない

ミニマリスト 捨てた 思い込み

片付けのときによく聞く言葉として「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」です。

捨てなければ無駄にしていないように感じますが、持っていても結局使わずクローゼットの奥底にしまっている状態は本当に物を大事にしているのでしょうか?

使えるものを使っていなければそれは今の自分には必要ないものですし、すでに無駄なものです。

本当にもったいないのは片付けのたびに捨てようか悩む時間や大事な部屋のスペースを占領していることではないかと私は思います。

④〇〇専用のものを持つ

ミニマリスト 捨てた 思い込み

自分の暮らしの中で家族や友人が遊びに来たり、泊まりにくる頻度が少ないので私の家にはお客様用の食器や布団などありません。

専用の物は使える用途が限定してしまうため、持ち物の数も増えてしまいます。

減らすために、専用ではなく他の用途にも使える物を選ぶことで物を減らすことができます。

⑤収納が少ないと片付けられない

ミニマリスト 捨てた 思い込み

収納スペースが少ないから部屋が片付かないと思い込み、収納グッズをたくさん買っていました。

ですが、人は余白があると埋めたくなる習性があり、逆にものが増える原因になっています。

まずは必要なものと不要なものを分けてから収納グッズを買いに行くようにするだけでも、物を減らせるようになります。

まとめ

部屋が片付かない、暮らしにくい原因としては実家でやっていたことや一般的に当たり前としていた他人の基準によるものです。

自分の思い込みに気づくことで自分らしく心地いい暮らしが手に入れられます。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

おとも

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る


ライフスタイルの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録