アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NGな眉の描き方

眉がある人こそやりがちなんです…プロが教える実はやめた方がいいNGな描き方

/

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。 今回は、眉がある人こそやりがちなNG眉メイクをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
その目力メイクお古見えしてます!抜け感があるのに盛れる♡40代の今っぽアイを作る方法

目次

 ①眉のある箇所はノータッチ

眉のある箇所はノータッチ

眉のある箇所はメイクはノータッチにしている、という方はいませんか?

眉のない箇所、特に眉尻だけ処理してその分だけを描いている方もよく見かけますが、ノータッチの部分と描いた部分とのギャップが出るのでNGです。

眉のある箇所はノータッチ

眉のある箇所も毛の隙間の部分に毛を描き足すようにしましょう。とはいえ、塗りつぶすとのっぺり見えるのでふんわり埋めていくのが◎

アイブロウパウダーでふんわり隙間を埋める

アイブロウペンシルで描くとどうしても濃くなってしまうという場合は、アイブロウパウダーでふんわり隙間を埋めていくだけでも描いた部分とのギャップが減ります。

②眉の毛の処理なし

眉の毛の処理なし

眉の毛がある部分はどう処理してよいかわからないからと、処理せず自眉そのままの状態で眉を描くとなりたい眉の形にしにくいのでNGです。

余分な眉毛カット

眉の毛がある箇所も自分が描きたい眉のガイドラインを描いて、余分な毛は処理したり、毛が長すぎる場合はカットして整えるのがおすすめです。

それだけで見違えるように描きたい眉がつくりやすくなります。

③眉を描き始める前の下処理なし

眉を描き始める前の下処理なしはNG

眉を描き始める前に毛のある部分の下処理なしで描き始めるのもNGです。

眉を描き始める前の下処理

眉メイクをする前に自身の眉の毛流れをスクリューブラシで整えましょう。

この一手間で、毛に残っているファンデーションの塊がとれ、毛流れも整って眉メイクがしやすくなります。

④髪色に合わせて自眉毛をの色を変えていない

眉を描き始める前の下処理

流行りのハイトーンヘアや明るめのカラーに染めている方は、自眉毛のままの毛の色だと野暮ったく見えてNGです。

アイブロウマスカラでトーンアップさせる

ハイトーン、明るめのカラーの場合はアイブロウマスカラでトーンアップさせるか、毛の色を脱色することで髪色とのバランスがとれてメイク全体が馴染んで垢抜けます。

いかがでしたか?私自身も下の眉がしっかりあるので自眉の処理は怠れません。

眉のある箇所も意識して眉メイクすることで垢抜け顔になるので、放置気味だった方は参考にしてみてくださいね。



この記事のライター

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録