アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイブロウペンシルの落とし穴

やってる人多いけど実はNG!プロが教えるやめた方が良いアイブロウペンシルの落とし穴3選

/

皆さまこんにちは、美眉のプロSAORIです。「アイブロウペンシルつかうのって難しい」「ペンシルで眉を描くと不自然になってしまう」そう感じたことのある方、必見です!今回はやってる人多いけど実はNG!やめた方が良いアイブロウペンシルの落とし穴3選についてご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
ふんわり眉の間引きのやり方
現役アイリスト直伝!誰でも流行りのふんわり眉になれる間引きのやり方

目次

NG①眉の外枠を描きすぎる

眉メイクの最初は、眉のアウトラインこと外枠を描いておくと簡単に美人眉が描けます!

ですが、枠を強く描きすぎてしまうと、その後に乗せるアイブロウパウダーも濃くなりがちに。

外枠を濃く描きすぎる眉

眉のアウトラインを描くときはとにかく薄く薄くが◎

自分にだけわかるくらい薄くアウトラインを仕込めば、ナチュラルな印象の美人眉が手に入ります。

外枠を薄く描く眉

NG②眉全体を描く

アイブロウペンシルで眉全体を描く、これついつやりがちなのですが実はNGなんです。

眉全体を描いてしまう眉

描くのは眉が足りないところのみでOK

アイブロウペンシルは“毛が足りないところのみ”描く、が正解!

自眉を分析して毛が欲しいところのみに1本1本毛を植えるようにアイブロウペンシルで描くと、描いた感のないナチュラルな垢抜け眉に。

③筆圧が強すぎる

アイブロウペンシルで描くとき、つい筆圧が強くなっていませんか?

筆圧が必要以上に強いと、眉が濃くなり眉主張が強くなりやすいもの。

筆圧が強すぎる眉

ペンシルで眉を描くときは、お肌に触れるか触れないかくらいの優しいタッチで描くのが◎

力を抜いて描けば、描いた感やわざとらしさのないナチュラル垢抜け眉が手に入ります。

筆圧は弱く優しく描くのがいい

やらないほうがいいアイブロウペンシルの使い方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか♡当てはまる部分がある人は、今回のポイントを意識してみてくださいね!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

美眉のプロSAORI

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録