アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
40代のベースメイク

40代の垢抜け度はベースメイクでキマる!ヘアメイクが教えるOK・NGベースメイク

/

ヘアメイクの森田玲子です。なんとなく済ませてしまいがちなベースメイク。40代以降は、ポイントメイクよりもベースメイクに時間をかけることで、若々しい印象に見えます。シミ、クマ、くすみなど、多くの人が悩む肌の色ムラをカバーする方法を、ヘアメイクの筆者がご紹介していきます。

他のおすすめ記事を読む
アイメイクのコツ
流行りだけど実はむずかしい…ヌーディー&くすみカラーのアイメイクを失敗しないコツ

目次

シミ隠し編

シミの隠し方のNGとOKをご紹介します。

【NG】シミの上にコンシーラーをのせ、指でトントンなじませる

シミ隠し編

シミは、濃くなればなるほど隠すのが難しいですよね。

どんなにカバー力の高いコンシーラーを使っても、うまく隠せない、厚塗りになってしまうという人は、このようにカバーしていませんか?

指でなじませると、どんどんコンシーラーを剥がしてしまいます。

また、濃いシミには明るいコンシーラーはNG。シミが透けて見えてしまい、厚塗りすることに…。

【OK】シミの上にコンシーラーをのせたら、周りをぼかす

コンシーラの塗り方

隠したいシミにコンシーラーをポンとのせます。コンシーラーの縁をぼかすイメージで、ブラシや綿棒などでぼかします。

数分置いてコンシーラーが乾いたら、上からアイシャドウブラシにとったパウダーファンデーションを優しく重ねてなじませます。

この時もゴシゴシと擦らず、ポンポンとのせていくようにしましょう。肌色よりやや濃いかなと思うコンシーラーを使うと、濃いシミも上手に隠れます。

最後に重ねるパウダーファンデーションで色の境目はなじみます。

くすみ隠し

くすみのカバー方法のNGとOKをご紹介します。

くすみ隠し

【NG】ブルーやピンクのコントロールカラーでとことん明るくする

トーンアップに人気のブルーやピンク系のコントロールカラー下地は、確かに顔色は明るくなります。

けれども、使い方を間違うと血色感がなくなり、顔色が悪く見えてしまいます。

さらには、もとのくすみが重なり、グレーっぽいくすみに変化してしまうことも…。

【OK】ブルーやピンクの下地は部分使いする

全体に下地を塗ったら、明るく見せたい目の下や頬だけに部分的にのせます。

ハイライトのような効果があり、自然に肌色が明るくなります。

1色だけで済ませたいという方は、イエロー系のトーンアップ下地を使うのもおすすめです。

自然に肌色を明るくみせながら、赤みやくすみ感を整えてくれます。

クマ隠し

クマの隠し方のNGとOKをご紹介します。

くま隠し

【NG】目の際までコンシーラーをベタ塗り

ついやってしまいたくなるのがクマ全体にコンシーラーをのせること。

目周りは表情とともに動くので、のせればのせるほど崩れやすくなってしまいます。

目の下の際までコンシーラーをのせて肌の厚みを出してしまうと、顔が間延びしてたるみが目立ってしまいます。

【OK】影の出やすい部分を狙ってカバー

一番クマが濃いところにコンシーラーをのせ、全体に伸ばします。目頭部分は、案外影が目立つ人が多いです。ここを明るくすると、顔全体に立体感が生まれます。

少量のコンシーラーでは隠せないという方は、ファンデーションの前にオレンジ系のコンシーラーを仕込んでおきます。

肌色から浮くくらいのオレンジが効果的です。上からファンデーションを重ねると、境目とクマが目立ちません。

今回は、40代女性に多い悩みのカバー方法とともに、間違いがちなNGメイクをご紹介していきました。

ベースメイクを丁寧にやるだけで、こんなにも仕上がりが違うの?とびっくりするはずです。ぜひ、試してみてくださいね。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

森田玲子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録