アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ベースメイクの作り方

40代はあえてファンデなしが正解!アラは隠して今っぽ感が出せる♡ベースメイクの作り方

/

美容ライターの遠藤幸子です。「ファンデを塗ると夕方くすむ」「ファンデがシワにたまる」などの理由で、ファンデーションを使う機会が減った40代の方が多いのではないでしょうか。今回は、肌のアラを隠して今っぽい印象に仕上がるベースメイクの作り方を紹介します。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
他のおすすめ記事を読む
夏メイクの落とし穴
やってる人多いけど実はそれNG!やめた方が良い夏メイクの落とし穴3選

目次

【ポイント①】肌のアラをカモフラージュする化粧下地を主役にする

くすみや色ムラが気になる方が多い40代には、肌の透明感を上げつつ、色ムラをカバーして肌のトーンを整える化粧下地がおすすめです。

さらに、乾燥やしぼみが気になる肌にツヤのある化粧下地を塗ることで、うるおい感とハリ感を与えることができます。

ただし、パールが配合されている場合は毛穴や小ジワを目立たせる可能性があるので、粒子が細かく肌のアラを悪目立ちさせないものを選びましょう。

毛穴の凹凸が特に気になる方は、顔全体に塗る化粧下地の前に、凹凸を埋める専用の下地を使うのがおすすめです。

<化粧下地の塗り方>

化粧下地の塗り方

化粧下地は均一に塗らないのがポイントです。

目の下に点で置いてからフェイスラインに向かって徐々に薄くなるように塗りましょう。

クマが気になる目の下に明るさを出し、顔全体に立体感を出すことができます。

化粧下地を塗るツールは、ムラにならずに塗り広げやすいブラシやスポンジがおすすめです。

【ポイント②】適材適所がキモ!コンシーラーを駆使して肌のアラをカバー

40代の肌のアラといえば、目の下のクマ、まぶたのくすみ、シミや肝斑、小鼻の赤みなどですが、それらをひとつのコンシーラーでカバーするのは至難の業。

それぞれに合ったコンシーラーを使用しましょう。

例えば、頑固なクマをカバーするにはオレンジのコンシーラーと、イエローもしくは淡いベージュのコンシーラーが必要です。

肝斑やシミをカバーするには肌より暗めでカバー力が高く、ピタッと密着するコンシーラーが必要で、小鼻の赤みにはグリーンのストレッチ性に優れたコンシーラーがおすすめです。

<コンシーラーの塗り方>

コンシーラーの塗り方

一度にたくさんの量を肌にのせると厚塗りになってしまうので、少量ずつ重ねて調整しましょう。

また、指でなじませるとムラになったり、指紋がついてしまったりすることがあるので、コンシーラー用のブラシを使うことをおすすめします。

肌のキメに入り込んで自然な仕上がりになります。

ザ セム(The Saem)
ザセム(The Saem) 日本公式 コンシーラー カバーパーフェクション チップコンシーラー 1.5 ナチュラルベージュ 0119 6.5g

【ポイント③】多幸感のあるツヤ感をプラスするハイライトを重ねる

血色感が足りなく感じられる40代の肌には、多幸感のあるツヤを添えるハイライトが欠かせません。

ピンク系で繊細な輝きを放つハイライトを使い、輝くような美しいツヤのある立体的なベースメイクに仕上げましょう。

<ハイライトの塗り方>

ハイライトの塗り方

光を集めて高さを強調したい部分にハイライトを塗ります。

量が多いといかにもハイライトを入れたのがわかってしまうので、少量塗り重ねるのが自然に仕上げるポイントになります。

仕上げにフェイスパウダーを重ねるかどうかは、化粧崩れしにくく艶やかな肌を好む方はなし、化粧崩れしやすい方はありというように、肌質やお好みに合わせて選びましょう。

いかがでしたか。今回は、肌のアラを隠して今っぽい印象に仕上がるベースメイクの作り方を紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、ノーファンデでも今っぽい美肌で毎日のメイクを楽しんでください。



この記事のライター

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録