アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
綺麗に片付いたキッチン

「自分の家は好き?」暮らしのプロが教える【自分の家を居心地よくする5つの工夫】

/

整理収納コンサルタントの春名陽子です。「自分の家が好きになれない」「落ち着かない」など、何かしらモヤモヤして暮らしていませんか?でも大丈夫。難しいことはせずとも、日常生活で少し“意識”するだけで、居心地の良い空間は作れるんです。そこで今回は、「家を心地よくする5つの工夫」について紹介していきます。

他のおすすめ記事を読む
ダイソーさんありがとう!今までずっと諦めてた…触ったら良さがわかるヘアバンド

目次

①余白を意識する

家の「居心地の良さ」について考えたことはありますか?

居心地の良い部屋を実現するためには、「リラックスできる空間作り」がとても大切です。

のんびり寛いだり、趣味を楽しんだり、自分時間を楽しむ空間に欠かせないのが【余白】です。

居心地いい 部屋 工夫

部屋のサイズにあった家具を選び、空間に余白を持たせる事で“抜け感”が生まれます。

家具が大きすぎたり多すぎたり、はたまた出ているモノが多かったり…。

すると、どうしても窮屈な印象を与えるので「余白」を意識しましょう。

空間の余白は、心の余裕にも繋がり、暮らしに安らぎを与えてくれます。

②色を意識する

部屋の色味を統一することも、居心地の良い空間作りに欠かせません。

五感のうち、人が受ける情報で最もウエイトを占めるのは「視覚」です。

居心地いい 部屋 工夫

目に飛び込んでくる色が多いと、それだけで疲れてしまいますよね。

部屋のテーマ・テイストを決め、メインカラーやアクセントカラーを決定していきましょう。

統一感のある部屋は、居心地の良さも倍増しますよ。

③モノを持ち過ぎない

必要以上にモノを持っていると、生活にどんな影響があるでしょうか?

・モノが多い分家事が増える

・探し物に時間がかかる

・モノをしまうための収納グッズが必要になりまたモノが増える。

・管理しきれず、同じモノを重複買いし更にモノが増える

・リラックスできず外出し散財

・家族間の喧嘩が増える

など、影響は様々かと思います。

各家庭で必要なモノや量は様々ですが、1つ言える事は「管理できる範囲内で持つ事」です。

必要以上の物量は、想像以上に家事が増え、体力・気力を奪っています。

居心地いい 部屋 工夫

持ち過ぎをやめるだけで自分時間を存分に確保出来ますよ。

スッキリした空間で自分時間を堪能しましょう。

④お気に入りを持つ

生活する中で普段使っているモノは「お気に入り」ですか?

・機能的で使い勝手がいい

・見た目がいい

・色や素材が好み

など、お気に入りの定義は人それぞれですがその感性こそ大切です。

機能も見た目もよくない「惰性」で使っているモノは幸福度を感じませんよね。

愛着がないのでぞんざいな扱いになり、いずれ存在すら忘れられる始末です。

居心地いい 部屋 工夫

「本当に必要か」を考えながら、少しずつ“お気に入り”の割合を増やしていきましょう。

お気に入りを自分の空間に取り入れる事で、幸福度が上がっていきます。

⑤灯りや香りを取り入れる

灯りや香り、そして植物はハードルが高い…と思っていませんか?

でも大丈夫。

毎日お香を焚くのは無理でも、アロマなら垂らすだけ。

観葉植物の水やりが続かないなら、フェイクグリーンでも。

部屋にリラックスアイテムを取り入れる事は、“心に余裕のある表れ”と言えるのではないでしょうか。

灯りや香りは、居心地の良い空間作りに最適です。

無理なく取り入れてみましょう。

居心地いい 部屋 工夫

いかがでしたか?

ここまで、居心地の良い家にする5つの工夫をご紹介しました。

皆様の暮らしに少しでもお役に立つ事ができれば嬉しいです。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

春名陽子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ライフスタイルの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録