読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

三軒茶屋のデザートでほっと安らぐひととき/ カフェマメヒコ

カフェブームの今、コーヒーチェーンも全国に展開、今や簡単に美味しいコーヒーに出会えるようになりました。ですがたまには焙煎された深みのある味わいを楽しめる、本格的なコーヒーでゆったりとした時間を過ごしてみませんか?三軒茶屋にある「カフェ マメヒコ」はそんなひとときを過ごすのにおすすめのお店です!

このコラムにありがとう

目次

この記事に出てくるメニューの金額

  • クロカン 580円(税抜)

のんびりした雰囲気に安らぐ三茶のオアシス

ごろごろ、ホクホク。小さな豆のひと粒ひと粒には、心をゆるっとほぐしてくれる、独特のパワーがつまっているのかもしれません。
今回は、カフェメニューやドリンクに、厳選した豆だけを使用する、三茶に本店をもつ"豆カフェ"をご紹介します。

レトロで品のある下町、三軒茶屋。この街にはカフェやベーカリー、洋菓子店など、個人経営のすてきなお店がたくさんあります。
ある意味、どのグルメジャンルにおいてもトップクラスのものが食べられる街ともいえますね。

カフェにおいても例外ではありません。
なかでも行列ができる人気店として、この地に長年根ざしているのが「カフェ マメヒコ」。
実は奥渋谷にも支店がありますが、この三軒茶屋本店はゆったり過ごせる心地いいムードに包まれています。

畑で育ったホクホクあま~い黒豆をかみしめて

おやつに頼んだ「クロカン」は、黒豆と寒天に蜜をかけていただく和スイーツ。
豆かんといえば赤えんどう豆が多いですが、こちらでは黒豆が使われています。
このつやっと光った黒豆は、北海道の畑で直栽培したもの。
「カフェ マメヒコ」珠玉の黒豆は、自然でピュアな甘さです。

この「クロカン」は、「コンビネーションをしっかりと考えているな」と感じる逸品。
黒豆、寒天、蜜、どれをとってもくどくない、しつこくない、そして甘すぎない。
絶妙な加減がわかっている、そんな感じなのです。

ズシッと重めで厚めのスプーン、女子のココロを良くわかっているなあと感じるデザインです。
食器が料理の味を変えると言われますが、まさにそれ、このスプーンにもいえます。

蜜を纏って輝く黒豆、そして同じように銀に輝くスプーン、まさにシンクロ率は120%、黒豆とスプーンが同化しています。

それにしても、つやつやに輝く黒豆、あまりにも美しすぎます。

ちなみに豆かんの美味しさは、和スイーツ好きによると基本的に「豆の皮の硬さと中身のほぐれ方」と言われていますが「カフェ マメヒコ」のそれはパーフェクトに近いものがあります。

和菓子とコーヒーの豆豆コンビにうっとり

スイーツはもちろん、コーヒーだってぬかりはありません。
黒豆と同じく北海道から仕入れるコーヒー豆は、自家焙煎コーヒーの店「菊池珈琲」に店主が頼みこんで仕入れることになった逸品。
飲み口が優しくコクを感じる一杯、コーヒーのアロマを楽しみましょう。

三茶に訪れたら、一度は足を運んでみてほしい「カフェ マメヒコ」。
老若男女、世代を超えて愛される希少なお店です。
人気店ですので、混雑していることが多々あります。時間に余裕をもってお出かけすることをおすすめします。

ちなみに、「カフェ マメヒコ」に隣接したショップではパンを購入することができます。
言うまでもないと思いますが、絶品です。これはまた、違う機会にご紹介いたしましょう。

店名
カフェ マメヒコ 三軒茶屋店
住所
東京都世田谷区太子堂4‐20‐4
営業時間
(平日)8:00~23:00
(土日祝)9:00~21:00
定休日
火曜

<記者プロフィール> 日本のみならず、全世界の「おいしいもの」を求めて食べ歩くグルメ担当記者。実際にお店に出向いて食べ、撮影した料理しか記事にしないのがポリシー。美味しかった料理、興味深かった料理、心に残った料理しか記事にしないため、記者としてコスパがとことん悪いのが難点。


執筆者:グルメ部

更新日:2017年6月8日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録