読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

パンケーキがふわふわ!東京「雪ノ下銀座」の厳選素材スイーツ

暑い日に食べたくなるスイーツといえば、カキ氷ですよね。今回はそんなカキ氷の名店が、実はパンケーキの名店でもあった!というお店をご紹介します。東京・銀座にある「雪ノ下銀座」はビルの上階にありながら、カウンターのテラス席がある居心地の良い内装が人気。ゆっくりしながらスイーツが楽しめる名店なのです。

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

練乳ミルクで仕立てた極厚パンケーキ

爆発的なブームを経て、いまやすっかりスイーツの定番となったパンケーキ。
たっぷり厚みがあり、つややかに光るフルーツがあふれんばかりにのった一皿を思い描く人も少なくないはず。
そんな誰もが一度は憧れる、夢のようなパンケーキを味わえるお店が銀座にあります。

そのお店「雪ノ下銀座」のパンケーキ、一番の魅力は、じっくり時間をかけて焼きあげるオリジナルの土台です。
生地は合わせるソースの素材によって、プレーンをはじめ、練乳ミルクの白、ココアチョコの黒、チーズ、宇治抹茶の緑などから選べます。

旬の素材を使用したメニューには期間限定のものも。今回は「韮山産 紅ほっぺ苺パンケーキ」を注文するので、土台には苺のおいしさを引き立ててくれそうな「練乳ミルクの白」をチョイスしました。

パンケーキを焼く香りとコーヒーを挽く香りに包まれながら、待つこと約20分。
目の前に現れたのは、あふれんばかりの苺がトッピングされたホカホカのパンケーキです。粉糖で雪化粧したその姿に、ついうっとり見入ってしまいます。

極厚のパンケーキは羽毛のようにフワフワ

バターと卵の香りがふんわり漂う温かなうちに、さっそくいただきましょう。
土台部分にナイフとフォークを沈めると、そのずっしりとしたフォルムと打って変わって、おどろくほどやわらかな感触。
しっとりと焼き上げた生地は、練乳ミルクの繊細で上品な甘みが、口のなかでふわっと広がります。
生地には、黄身の濃厚な味が特徴の三重県産有精卵を使用。さらに北海道産の最高品質の小麦粉も使っており、厳選された素材が織りなすハーモニーを安心して楽しめます。

惜しみなくのせられた苺とパンケーキの甘さが喧嘩しない点もGOOD!苺のフレッシュな甘さと酸味にマッチするように、パンケーキの土台も独自配合したレシピを開発しているからなのでしょう。
苺もパンケーキも大好き!そんな女子にとって夢のような逸品は、巨大ですが、ぺろりと食べられちゃいます。

「巨大なのに、ペロリと食べられてしまう」というのは、実はとっても難しいこと。
皆さんは、パンケーキを食べていて、胃もたれしたり、重くなったり、途中で飽きちゃったりしたことはありませんか?
この「雪ノ下銀座」のパンケーキでは、それがいっさい感じられないのです。
「空気のようにスゥーッと入ってくる」というのは言い過ぎかもしれませんが、気がつくと、ぺろりと全部食べている、完成度の高いパンケーキなのです。

銀座の街並みを望みながら厳選素材のスイーツを

行列も日常茶飯事の人気店。店内にはカウンター席とテーブル席があり、窓から銀座の街並みを望める心地いい空間。
ぜひ「雪ノ下銀座」でとっておきのスイーツタイムを過ごしてみてくださいね。

ちなみに、このお店、メニューが読んでいてとても興味深いのです。
ひとつひとつ、料理の解説があるだけでなく、食材に関する情報がしっかり書かれています。
お店が素材や料理に対して本当に真剣であることがわかりますね。
「雪ノ下銀座」はお客様のために、徹底した研究と追及をしているお店なのでした。


店名
雪ノ下銀座
住所
東京都中央区銀座1‐20‐10 トマトハウス 3F
営業時間
平日  11:00~21:00(20:20 LO)
土日祝 11:00~19:00(18:20 LO)
定休日
月曜(祝祭日の場合は翌平日)


<記者プロフィール>
日本のみならず、全世界の「おいしいもの」を求めて食べ歩くグルメ担当記者。実際にお店に出向いて食べ、撮影した料理しか記事にしないのがポリシー。美味しかった料理、興味深かった料理、心に残った料理しか記事にしないため、記者としてコスパがとことん悪いのが難点。


執筆者:グルメ部

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年6月20日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録