読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

スカイツリーデートプラン♪雨の日こそ行きたいVR体験に感動

週末に旦那さんと外出デートしたいなぁなんて思っても、どこに行こうか迷ってしまうことありませんか? 今回はそんなあなたにピッタリ!新しい体験でお出かけのマンネリが防げる!?

このコラムにありがとう

目次

梅雨の時期。雨がしとしと降り続いたとしても、せっかくの休日、お出かけを楽しみたいですよね。雨天などによって視界が悪い日でも楽しめる、ユニークなVR(ヴァーチャルリアリティ)が東京スカイツリーにあるってご存じですか?

VRを簡単におさらい

そもそもVRってなんだっけ…という方に、ざっくりとご説明しましょう。VRとはvirtual realityの略称で、日本語にして“仮想現実”をもたらすテクノロジー。仮想現実というのは、仮想空間に人間が入り込むことで、本当は現実ではないのに、まるで現実の出来事のようにリアリティを感じさせる世界のことです。

この最先端技術を駆使して東京スカイツリーでは、雨の日でも大パノラマを楽しめるVRサービスをやっているんです。

さて、いったいどんな仮想現実が広がっているのでしょうか。

地上450mの窓ガラス清掃を疑似体験

普段街中を歩いていると見かける、高層ビルの窓ガラス清掃。見るだけで足がすくむ人もきっと少なくないでしょう。

でもここでは、その数十倍も高い所で作業する東京スカイツリーの清掃を疑似体験できるのです。その名も「体験!東京アオゾラそうじ」。

全方向を見渡しているかのような3D空間の映像を楽しめる、専用の簡易ヘッドマウントディスプレイを装着しましょう。すると舞台は「天望デッキ フロア350」からたちまち「天望回廊 フロア450」へ。

清掃用ゴンドラが展望回廊フロア450屋上格納庫から出発し、天望回廊の窓ガラスの清掃を行うのを追体験できます。

パノラマの全貌は、ヘッドマウントディスプレイを装着したものしか知ることができない世界。スリルをしっかり脳裏に焼き付けましょう。また「体験!東京アオゾラそうじ」については、晴れの日も楽しめるのがうれしいですね。

さらに14m上の地点から、東京の大パノラマを

もう一つ、雨の日しか体験できないのが「東京スカイツリー(R)スコープ」。このVRでは天望回廊 フロア450上部にあたる、地上464mからの東京を見渡せます。

さらに面白いのが朝・昼・夕・夜の4段階で、時間の推移とともに移り変わる眺望を見られること。車や電車が走りビジネスパーソンでにぎわう日中、高層ビルに明かりが灯り美しい夜景が広がる夕暮れ以降を一度に望めます。

日本のシンボルタワーである東京スカイツリーからの展望は、遮るものは何ひとつありません。天気が良ければ遠くにディズニーランドや富士山なども眺めることができます。

都内近郊に住む方はもちろん、遠方から東京観光に訪れる方も、ぜひ覚えておいてほしい東京スカイツリーのVR。もうこれからは雨降りの休日も、外出先に悩む必要はありません。

(C)TOKYO-SKYTREE


執筆者:お出かけ部

更新日:2017年6月27日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録