読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

タバコは妊活にも影響がある!?タバコは本当に体によくないのか

最近、「受動喫煙」とか「分煙」など、タバコに関する話題をよく耳にするのではないかと思います。タバコを吸っている本人は、『コミュニケーションツールとして欠かせない』『逆にストレス解消になっているから、体に悪いはずがない』などと言いますが、本当のところはどうなのでしょうか?

このコラムにありがとう

目次

タバコは本当に体によくないのか

タバコを吸って急に何か体に起こるということがあまりないこと、またタバコを吸っている人はその期間が長いことなどから、タバコが身体に与える影響を調査することは簡単ではありません。
しかしながら、近年、厚生労働省の研究班による調査が行われ、タバコと健康に関する研究結果が発表されました。

その研究報告によると、以下の病気に関して「タバコと喫煙者本人の健康被害について科学的に因果関係を推定するのに十分である」と判定されています。

・肺がん、口腔・咽頭・鼻腔がん、食道がん、胃がん、肝がん、膵がん、膀胱がん、子宮頚部がん
・虚血性心疾患、脳卒中
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)、呼吸機能低下
・2型糖尿病の発症
・歯周病
・ニコチン依存症

また、以下の病気に関しては「受動喫煙の健康被害について科学的に因果関係を推定するのに十分である」と判定されています。
・肺がん
・虚血性心疾患、脳卒中

当初の「タバコは本当に体によくないのか」という問いについては、「タバコは本当に体によくない」と言うことができそうです。

タバコの有害物質というと、「ニコチン」が思い浮かぶかと思いますが、実はタバコ(紙巻タバコ)の煙の粒子成分が約4,300種類、ガス成分が約1,000種類と報告されています。
そのうち、発がん性があると報告されている物質が約70種類存在しています。
喫煙によって、吸う息と一緒にこれらの成分が肺に届き、肺から血液に取り込まれ、血液で全身の臓器に運ばれる…と考えると、ちょっと怖い話ですよね。

タバコと妊娠しやすさには関係があった!?

われわれ世代にとって気になるのが、妊娠や子どもへの影響です。

研究報告によると、妊娠のしやすさに関しては、生殖能力低下、子宮外妊娠等について、十分ではないものの、「科学的に因果関係を示唆している」とされています。
今後の研究結果が待たれますが、何かしら影響はありそうです。

また、妊婦本人が喫煙している場合、早産や低出生体重・胎児発育の遅延について、「タバコと喫煙者本人の健康被害について科学的に因果関係を推定するのに十分である」と判定されました。
小さいお子さんの受動喫煙についても、家族がタバコを吸っていることと、お子さんが喘息にかかっていることの関連について、「科学的に因果関係を推定するのに十分である」とされています。

妊娠のしやすさ、おなかの中での赤ちゃんの発育、そしてお子さんが産まれた後の発育にも、タバコは影響を及ぼすと判定されたということです。

どうやってタバコをやめるか

では、タバコをやめようと思ったら、どうしたらいいのでしょうか。

タバコがやめられないのは根気が足りないからだ!というのは、一昔前の話です。
長く吸っている人がタバコをやめられないのは「ニコチン中毒」いう病気にかかっているからだと言われています。それなりの対処が必要ということです。

最近では、保険を使った禁煙治療も可能になりました。
病院に行くのは大変だからもっと手軽な方が…という方には、市販薬でも禁煙ができます。

禁煙方法 その1 保険診療を用いた禁煙

最近では、「禁煙外来」というものがあります。医師と一緒に禁煙に取り組むのですが、禁煙成功率は8割程度と言われています。
主にニコチンを含まない、イライラを解消する飲み薬を服用し、約12週間の治療をします。(初めの1週間はタバコを吸っていいのです!)その間に概ね5回の診察を受けます
かかる金額は、受診料とお薬代を含めて8~12週間で20,000円程度(3割負担で計算)とされています。
実はこれ、1日1箱吸う人の3か月分のタバコ代の約半分です!

他に薬を飲んでいる人、また過去に禁煙に失敗している人などは、医師と一緒に禁煙に取り組めるのでこの方法がおススメです。

禁煙方法 その2 市販薬を用いた禁煙

一般に、市販で売られている禁煙補助薬には、ニコチンを含むガムとパッチ(貼り薬)があります。
これらは、口の中の粘膜や皮膚からニコチンが吸収されることで、禁煙初期にあらわれるニコチン切れの症状(イライラなど)を軽減して、禁煙をサポートします。

どういう方法が自分に合うのか、薬局の薬剤師や登録販売者に相談してみてもいいでしょう。

禁煙のイイこといろいろ

タバコをやめると、他にもいいことがあります。

いいことその1 お金が貯まる!

たとえば、1日1箱を吸っている人は、1日430円、1ヵ月で12,900円、1年でなんと15万円も節約できます。
ちょっとした海外旅行も行けるかも!?

いいことその2 食事が美味しく!

タバコをやめた数日後には、味覚や嗅覚が鋭くなり、食べ物がおいしくなると言われています。
また、目覚めや、肌の調子、口臭が改善されるなどの報告もあります。

思い立ったが吉日!今日からタバコをやめてみませんか


執筆者:遠藤さちこ

更新日:2017年7月1日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録