映画解説者・中井圭オススメ!夫婦で観たい、夏のホラー映画

夏にオススメの映画といえば、恐怖のあまり背筋が凍るようなホラー映画が定番です。これは観ておいたほうが良いと絶対的自信をもってオススメできるホラー映画が見つかりました。 一見ゾンビ系映画(正確にはゾンビではないですが)という皮を被った、沁み渡るヒューマンドラマです。 むしろ、この夏に限らずこの映画よりも良質な作品は、そう多くはないかもしれません。

この記事で紹介されている映画の上映時間

  • 『新感染 ファイナル・エクスプレス』(9/1公開)118分

舞台は韓国の新幹線KTX

昨今、邦題をどうつけるかはデリケートな問題になっていますが、本作につけられた『新感染 ファイナル・エクスプレス』という邦題に溢れるB級感は、いかにも海外から日本に入ってきたゾンビ系ホラー映画らしいムードがあります。

こんな邦題じゃ魅力がわかんないよ!と主張したい気持ちはわからなくもないですが、私個人的には、これもまたホラー映画ファンへのある種の目配せを感じる邦題だと思います。

ちなみに韓国映画である本作の直訳した原題は、“釜山行き”。
釜山に向かう列車の中でとんでもない展開が待ち受けているのです。

本作は、韓国の新幹線KTXを舞台にしたゾンビ系映画です。
娘を妻のもとに送り届けるために釜山行きのKTXに乗り込んだファンドマネージャーの親子を中心に、野球部員の純朴な青年と彼を振り回す彼女、赤ちゃんを身ごもった妻と彼女を深く愛している中年男性などが、このKTXに紛れ込んだひとりの感染者による電車内パンデミックに巻き込まれて、まさに地獄絵図のような状況からのサバイバルを体験することになります。

そもそもゾンビ映画には、お約束がいくつもあります。
たとえば、人間を襲って噛んだら相手もゾンビになる、頭を破壊されない限り死なない、のろのろ歩くといったフォーマットがあるのですが、この作品における感染者は、とにかく走る。

疲れ知らずに人間たちを追いかけ回す上に、電車内という閉ざされた限定的な空間であることも、他に類を見ないこの映画の状況的ユニークさと、どうあがいても生き残れなさそうな雰囲気を加速させています。

ゾンビ映画なのに心沁み渡るヒューマンドラマ

では、この映画がなぜ夫婦にオススメの作品なのかというと、愛する者への想いが極限状況であぶり出されているからに他なりません。
韓国北中部が感染者たちの暴走で壊滅状態になる中、KTX車内も感染者たちの狂騒によって、生き残りたい人たちのエゴが丸出しになっていきます。
社会的な意識は崩壊し、すべては自分のために行動する彼らの姿は、韓国で実際におきたセウォル号事件を彷彿とさせます。

もっと広い視点で言うなれば、ゾンビ映画はこれまで、作品の内面として、差別、消費社会への警鐘など、時代ごとの社会の課題を描いてきました。
本作では、2010年代になって更に顕在化した新自由主義的な超個人主義を強烈なかたちで描きます。
自分さえ良ければ他人などはどうなっても構わないという小世界が列車という閉鎖空間の中で展開されていくのです。
その中に放り出された人々が、ある者は守るべきもののために変化し、ある者は小さくも正しい良心を奮い立たせていきます。
その姿の背景には、愛する者への想いがあり、その底知れぬ深さに思わず落涙してしまうのです。

想像を遥かに超えた傑作である本作を夫婦で観ることで、元々期待していた涼しげな気分になると同時に、思わぬ形で自分たちの愛情を再確認することができるでしょう。
この夏、必見の一本です。

タイトル:『新感染 ファイナル・エクスプレス』
配給:ツイン
コピーライト:(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD&REDPETER FILM. All Rights Reserved.
2017年9月1日より公開


執筆者:中井圭

更新日:2018年2月22日
公開日:2017年7月26日

よく読まれています

新着記事

ログイン・無料会員登録