アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

秋冬の髪の状態は今決まる!美容師直伝!夏の紫外線から髪を守るヘアケア法

美容学校教員兼スタイリストの野澤琢眞です。暑い季節がやってきました。これからの季節は紫外線の量も多くなり、お肌や髪のダメージの進みやすくなります。紫外線から髪を守ることで秋以降の髪の状態が変わるので、夏の間のヘアケアがとても重要。今回は夏の紫外線から髪を守るためのヘアケア法とアイテムをご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

夏の紫外線が髪に及ぼす影響

紫外線は髪の内部にあるタンパク質を壊してしまい、本来髪が持っている潤いや手触りを悪くしてしまいます。紫外線の影響だけで、髪はパーマを1度かけたのと同等のダメージを受けると言われています。

それだけではなく、カラーをしている方はカラーの色素を分解してしまい、退色が早くなってしまいます。紫外線で退色した色は黄色味がかって艶がなくなり、表面と中側の髪の色に差が生まれムラっぽくなってしまいます。

同様にパーマのカールの持ちも悪くなってしまうので、気をつける必要があります。

紫外線から髪を守る方法

紫外線から髪を守る方法は、原則お肌と同様、日光に当たらないのが基本です。夏だからといって海やプールで過ごしすぎると紫外線の影響をもろに与えてしまうことになるので気をつけて下さい。

どうしても外にでなければならない場合は帽子を被ったり、髪につける日焼け止めスプレーで紫外線から髪を守るようにして下さい。

日焼け止めスプレーには消臭効果もありますので、気になる汗の匂いを軽減することが出来ます。自分好みのフレグランスを気分によって変えれば香りを楽しむことも出来ます。

紫外線で受けるダメージを軽減するヘアケア

いくら気をつけていても完全に紫外線から髪を守ることは出来ません。紫外線から受けた髪のダメージは適切なヘアケアを行い修復することが大切です。

毎日行うシャンプー、トリートメントを補修タイプのもの、具体的には髪の内部にタンパク質を補うタイプのものを使うことで失われた栄養を取り戻すことが出来ます。

洗い流さないトリートメントも乾かす前に必ずつけるようにして下さい。

オイルタイプのトリートメントを使っている方が多いと思いますが、オイルタイプは髪の表面をコーティングする効果はありますが、内部に栄養を送ることが出来ません。粒子の細かいミストタイプの洗い流さないトリートメントをしっかりとつけて乾かし、最後にオイルタイプのトリートメントで髪をコーティングすれば髪をダメージから回復させることが出来ます。

ミストタイプのトリートメントは髪への浸透率が良いため、たくさんつけても髪がべとつく心配もありません。全体にまんべんなくしっかりと付けるようにして下さい。

今回ご紹介した紫外線対策をしっかりすることで、夏に心配なダメージをだいぶ軽減することが出来ます。

秋、冬に向けて夏の対策をすることで綺麗な髪を長く維持できますのでぜひお試し下さい。夏の終わりには美容室でしっかりとしたパーソナルトリートメントを受けるのもあわせて忘れないようにして下さい。

「#ヘアケア」の記事をもっと見る


執筆者:野澤琢眞


この記事に関連するキーワード


14

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録