アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

100均アイテムでキーフックDIY♪忙しい朝におすすめアイテム

忙しい朝に役立つ、壁掛けキーフックの作り方をご紹介します!100均アイテムだけで、面倒な作業もなく簡単に作れますのでぜひ試してみてくださいね。

目次

この記事を試すのにかかる金額

  • 制作費用すべて108円(税込)
    ・Seria 木製トレイ M 2つ
    ・Seria 木製スタンドミラー
    ・Seria インテリア木製ウォールラック フック付
    ・Seria 蝶番
    ・Seria 水性塗料(アクリル絵の具などでも)
    ※ペイントはしなくてもいいという方は、ペイント不要です。
    私は、セリアの水性塗料2つ(ナチュラルベージュとスモーキーグリーン)を混ぜて使いました。
    計648円(税込)
  • 家にある物で十分な物(100円ショップでも購入可)
    ・レース
    ・ボンド
    ・マステ
    ・ドライバーセット
    ・キリ

朝食作り、片付け、洗濯、メイク、子どもの支度など…働く主婦の朝は大忙しですよね! 要領の悪い私は、いつも家を出発するのがギリギリの時間になって、忘れ物常習犯です…。 「あれ、忘れた!」と気付いて取りに行き、さぁ出発と思ったら「あれも忘れてた!」で、取りに行く…の繰り返し。

さらには、戸締りをしたいのに「あれ?鍵どこ?!」となることも多く、毎朝とてもバタバタしています…。そこで、100均アイテムを組み合わせて、キーフックを作ってみました。面倒なノコギリカットはありません。

作業を始める前に、全ての材料が揃っているか確認します。

※レースは、リボンや革紐などでも代用可能です。

1.下準備をします

【下準備1】ミラーの後ろに付いているスタンド部分を外します。

マイナスドライバーをねじ込むように入れると、簡単に外れます。

【下準備2】鏡に塗料がつかないように、木枠の内側をマステでマスキングします。

2.木製スタンドミラーをペイントします

見える表面と側面のみ、お好みの塗料でペイントします。

3.ボンドで接着します

木製トレイM、2つを接着。それをインテリア木製ウォールラックにはめこんで接着します。
※ボンドは多めにしっかりと接着して下さい!

レースもボンドで接着します。

4.ミラーを蝶番で取り付けます

ミラーのペイントや接着部が乾いたら、ミラーと上の木製トレイを蝶番で繋げます。キリなどで下穴を開けてからネジ止めをすると、木が割れるのを防げます。

5.壁に取り付けて完成です!

インテリア木製ウォールラックに付いている三角吊金具を使って、壁に取り付けます。

※壁に取り付ける際は、鍵や雑貨の重さを考慮してプッシュピンでの取り付けではなく、小さなクギやネジなどでの取り付けをお勧めします。

私は、セリアのホーム釘を使っています。

朝のお出かけ前に

朝のお出かけ前に鏡で顔をチェックしたり、鏡を持ち上げたところには、忘れがちなハンカチ、ティッシュやマスクを入れられます!

決まった場所に掛けておけば、鍵がない!と慌てることもありません。

お好みの雑貨を飾れるので、出発前にたった一瞬でも眺めることで、心が落ち着く効果も?

お好みでアレンジを楽しんで

シンプルなのもいいですが、私は可愛い感じが好みなので、スタンプを押して、はぎれを貼り付けてみました。

また、全体をペイントしたり、100均の転写シールを使ってもいいですね。

ちょっとの工夫で慌ただしい朝をステキに、気持ち良く過ごしてみてはいかがですか?


/

この記事の著者

ひなみ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録