読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【ポコチェ】この秋に観たい!~Culture information~

「ちょっと幸せ」をテーマに、グルメ・美容・健康・カルチャーなど、女性に うれしい情報満載のフリーマガジン「Poco'ce( ポコチェ)」から10月の新作カルチャーインフォメーションをお届け★

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

Cinema

僕のワンダフル・ライフ

©2017 Storyteller Distribution Co.,LLC and Walden Media,LLC

愛犬を亡くした恋人のために書いた、W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」を名匠ラッセ・ハルストレム監督が映画化。飼い主の少年と再び巡り会うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いた、すべての愛犬家の夢を叶える極上のラブストーリー。

監督/ラッセ・ハルストレム
出演/ジョジュ・ギャッド(声)、デニス・クエイド、ペギー・リプトン、K・J・アパ 他
公開/9月29日(金) TOHOシネマズ 日劇 ほか

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして、猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描いた「猿の惑星」シリーズ最新作。カリスマ的な猿のリーダーが、その使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを軸に、誰もが知っている結末の、 誰も知らなかった壮絶なドラマが明かされる。

監督/マット・リーヴス 
出演/アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、スティーヴ・ザーン 他
公開/10月13日(金) 全国ロードショー

アトミック・ブロンド

©2017 COLDEST CITY,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

アントニー・ジョンソンによる人気グラフィックノベルを映画化。冷戦末期、ベルリンの壁崩壊直前の1989年。最高機密リストの奪還と、裏切り者の二重スパイを見つけ出すよう命じられたMI6の諜報員が、各国のスパイを相手にリストをめぐる争奪戦を繰り広げるスタイリッシュ・スパイアクション。

監督/デヴィッド・リーチ
出演/シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカヴォイ、ソフィア・ブテラ 他
公開/10月20日(金) 全国ロードショー

セブン・シスターズ

©SEVEN SIBLINGSL©2016,Serendipity Point Films Inc.IMITED AND SND 2016

映像化されていない優秀な脚本をランキングする「ブラックリスト」2010年版で上位に入ったマックス・ボトキンの作品を、新世代アクションスリラーの鬼才、トミー・ウィルコラ監督が映画化。1人7役で7姉妹を演じた、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のノオミ・ラパスのミステリアスな演技は必見!

監督/トミー・ウィルコラ
出演/ノオミ・ラパス、レン・クローズ、ウィレム・デフォー 他
公開/10月21日(土) 新宿シネマカリテ ほか

愛を綴る女

©(2016)Les Productions du Trésor-Studiocanal-France 3 Cinéma-Lunanime-Pauline's Angel-My Unity Production

ミレーナ・アグスのベストセラー恋愛小説「祖母の手帖」を、ニコール・ガルシアが女性監督ならではの手腕で再構築して映画化。フランスが誇る国際派女優マリオン・コティヤールが、一人の女性が愛の真髄にたどりつくまでの17年間をストイックかつ大人の魅力全開で演じた、繊細で美しい大人のラブストーリー。

監督/ニコール・ガルシア
出演/マリオン・コティヤール、ルイ・ガレル、アレックス・ブレンデミュール 他
公開/10月7日(土) 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で

©FILM NELLY Inc.2016

21世紀のフランスの文壇に衝撃を与えながらも、36歳の若さで自ら命を断ったベストセラー作家ネリー・アルカンの生涯を描いた伝記ドラマ。作品の過激さを再現する一方、その裏側にある愛への渇望や孤独、苦悩と言った人間の普遍的な感情も細やかに描き、性と生に翻弄された彼女の実像を浮かび上がらせた作品。

監督・脚本/アンヌ・エモン
出演/ミレーヌ・マッケイ、ミカエル・グアン、ミリア・コルベイ=ゴーブロー 他
公開/10月21日(土) YEBISU GARDEN CINEMA ほか

アンダー・ハー・マウス

©2016,Serendipity Point Films Inc.

中性的なルックスで“ネオイケメン”モデルとして注目を浴びる、エリカ・リンダー衝撃のデビュー作は、恋に溺れる2人の女性を描いた、今年最もセンセーショナルな官能ラブストーリー。昼は大工として働き、夜は毎晩のように違う女性を渡り歩く主ダラスを演じエリカの圧倒的な存在感と美しさに釘付けです。

監督/エイプリル・マレン
出演/エリカ・リンダー、ナタリー・クリル、セバスチャン・ピゴット 他
公開/10月7日(土)シネマート新宿 ほか

女神の見えざる手

©2016 EUROPACORP–FRANCE2 CINEMA

政権の決断に影響を与え、世論も左右するプロの集団“ロビイスト”。「銃規制法案」という生々しいトピックを題材に、その天才的な戦略を駆使して政治を影で動かすロビイストの知られざる実態に迫った衝撃の社会派サスペンス。戦略の天才が銃社会アメリカに仕掛けた究極の“一手”とは…。

監督/ジョン・マッデン
出演/ジェシカ・チャステイン、マーク・ストロング、ジョン・リスゴー 他
公開/10月20日(金)TOHOシネマズ シャンテ ほか

ゴッホ 最後の手紙

©Loving Vincent Sp.zo.o/Loving Vincent ltd.

世界初、全編が動く油絵で構成される珠玉の体感型アートサスペンス! 実際の俳優が演じる実写映像を撮影し、それを世界各国から集められた125名の絵描きが、ゴッホの絵画に登場する人物の風貌や雰囲気を伝える肖像として油絵で再現。名画の数々が、巨匠ファン・ゴッホの死の真相を再構築する…。

監督・脚本/ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
出演/ダグラス・ブース、ロベルト・グラチーク 他
公開/今秋TOHOシネマズ上野、六本木ヒルズほか

74歳のペリカンはパンを売る。

©ポルトレ

東京・浅草にある創業74年を迎えた老舗パン屋「ペリカン」を取材したドキュメンタリー映画。販売しているのは、シンプルを極めた食パンとロールパンの2種類のみというペリカンが、なぜ2種類に絞ることで不動の人気を築いたのか? パン作りの現場やインタビューを交えて、モノづくりの本質に迫る作品。

監督・編集/内田俊太郎
出演/渡辺多夫、渡辺陸、名木広行、伊藤まさこ、保住光男、中村ノルム 他
公開/10月7日(土)ユーロスペース ほか

Stage

リチャード三世

シェイクスピア全作中、最も胸躍るピカレスク・ロマンとして名高い「リチャード三世」を、ルーマニアの鬼才、シルヴィウ・プルカレーテの演出により、オール日本人キャストで上演。敵も味方も肉親までをも欺き、殺して王座を手に入れるリチャード三世の栄光と転落が描かれます。

作/ウィリアム・シェイクスピア
演出/シルヴィウ・プルカレーテ 
出演/佐々木蔵之介 他
公演/10月18日(水)〜30日(月)
会場/東京芸術劇場 プレイハウス(池袋)
問い合わせ/東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296

トロイ戦争は起こらない

©Satoshi Yasuda

小説家、劇作家であると同時に、フランス外務省高官としても活躍したジャン・ジロドゥが、ナチスドイツが台頭し、第二次世界大戦の影が忍び寄る1935年に発表したフランス近代演劇の金字塔。ホメロスの「イリアス」に歌われる名高いトロイ戦争が起こる直前、国の命運が掛かる一日を舞台にした不朽の名作。

作/ジャン・ジロドゥ
演出/栗山民也 出演/鈴木亮平、一路真輝、鈴木 杏、谷田 歩 他
公演/10月5日(木)〜22日(日)
会場/新国立劇場 中劇場(初台)
問い合わせ/新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999

関数ドミノ

本作は、2005年に初演を迎え、2009年・2014年と再演し、その度に進化して高い評価得てきた「イキウメ」の代表作。今回、このイキウメ代表作のひとつを、戯曲の世界を鮮やかに出現させる寺十吾の演出で上演。とある都市で起きた奇妙な交通事故をきっかけに、人間の妄想が現実に転じさせる奇跡が描かれる。

作/前川知大 演出/寺十吾
出演/瀬戸康史、柄本時生、小島藤子、鈴木裕樹、千葉雅子、勝村政信 他
公演/10月4日(水)~15日(日)
会場/本多劇場(下北沢)
問い合わせ/ワタナベエンターテインメント 03-5410-1885(平日11:00~18:00)

Art

オットー・ネーベル展
シャガール、カンディンスキー、クレーの時代100点の名画でめぐる100年の旅

オットー・ネーベル 《ナポリ》『イタリアのカラー・アトラス(色彩地図帳)』より、1931年、水彩・紙 オットー・ネーベル財団

スイス、ドイツで活躍した画家オットー・ネーベル。本展は、建築、演劇、音楽、抽象、近東など、彼が手掛けた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介。ネーベルが様々な画風を取り入れながら独自の様式を確立する過程に迫った、日本初の回顧展です。

会期/10月7日(土)〜12月17日(日)※10月17日(火)・11月14日(火)のみ休館
開館時間/10:00〜18:00(金・土は21:00まで)※入館は閉館の30分前まで
会場/Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)
問い合わせ/ハローダイヤル 03-5777-8600

「怖い絵」展

ポール・ドラローシュ《レディ・ジェーン・グレイの処刑》1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵

Paul Delaroche, The Execution of Lady Jane Grey,©The National Gallery,London.Bequeathed by the Second Lord Cheylesmore,1902

名画の隠された恐怖を読み解き、大ベストセラーとなった「怖い絵」の世界が展覧会に! 本展では、シリーズで紹介された作品を筆頭に、新たに選び抜かれた作品を含む、近世から近代にかけてヨーロッパ各国で描かれた巨匠たちの油彩画や版画、約80点が展示されます。絵の背景にある物語を楽しめる展覧会です。

会期/10月7日(土)〜12月17日(日)
開館時間/10:00〜 17:00 ※入館は閉館の30分前まで。会期中無休
会場/上野の森美術館(上野公園)
問い合わせ/ハローダイヤル 03-5777-8600

100点の名画でめぐる100年の旅

アンリ・マティス《リュート》1943年 油彩/カンヴァスポーラ美術館

ポーラ美術館開館15周年記念展となる本展は、ポーラ美術館収蔵の絵画コレクションから厳選されたベスト100の名画、西洋絵画71点と日本の洋画29点を展示。画家や芸術運動、主題や時代に関わる20のテーマに分けられ、19世紀半ばから20世紀に至る100年間の流れを堪能できる贅沢なコレクション展です。

会期/10月1日(日)〜2018年3月11日(日)
開館時間/9:00~17:00 ※入館は閉館の30分前まで。会期中無休
会場/ポーラ美術館(箱根)
問い合わせ/ポーラ美術館 0460-84-2111


執筆者:Poco'ce

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年10月4日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録