読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

活動量計misfit rayを使って百貨店ダイエットに挑戦!

平日は仕事に家事と忙しいから、週末はおでかけを楽しむ♪なんて女性も多いのではないでしょうか?せっかくなら最新の“活動量計”をつけて、ダイエットも一緒に実現しませんか?ガジェットライター武者良太さんがアプリ連動のおしゃれな活動量計MISFITシリーズを使った“ウインドーショッピングダイエット”をご提案します。

このコラムにありがとう

目次

この記事を試すとかかる時間

  • タカシマ ヤタイムズスクエア
  • 歩いた距離は4km
  • 1時間34分6秒
  • 歩数は6572歩

総消費Kcal 275Kcal

※40代成人男性の場合

スマート活動量計ってなに?

こんにちは。東西南北、国内だけではなく海外のモノまで目を光らせてチェックしているガジェットライターの武者良太です。コイツがあれば普段の生活が楽になったり、ワクワクできるようになるモノを中心に、「はたらく女性にも嬉しいデジタルガジェット」を探し出していきますよ!

さて最近話題のガジェットに活動量計というものがあること、ご存知でしょうか。いわば高機能万歩計。歩いた歩数だけではなく、走った時の距離や消費カロリー、睡眠の深さや眠っている時間などを測ってくれるガジェットです。

その存在意義から、基本的にはスポーツマインドあふれるデザインのものが多く、アクティブに活動している方向きの製品群です。

しかし最近はカジュアル/フォーマルなファッションにもマッチするデザインの製品が登場してきています。その1つがMISFIT Wearables(以下MISFIT)の活動量計です。

2011年10月に設立されたMISFITは今までにも多くの活動量計を作ってきました。現在は大手時計メーカーグループFOSSILの傘下となり、スマートウォッチに開発にも乗り出しています。

現在のメインモデルはRAY(円柱状のストレートボディ)とSHINE2(円盤状のメダルボディ)の2モデル。RAYは純粋にアクティビティと睡眠をトラッキングするもので、SHINE2は簡易的ではありますが、現在時刻の表示が可能です。

また両モデルとも本体をタップすることで、スマートフォンのカメラのシャッターを切ったり、音楽アプリの再生・停止をコントロールすることができますよ。

冬場だからこそ暖かい場所で買い物がてら歩きたい

ところでみなさま。運動していますかー? この寒い季節です。自宅のおこたに入ってヌクヌクしていたいけど、そのままの日々を過ごしていたら冬眠中のクマよろしく、身体中に脂の層を作ってしまいますよね。

寒いから運動は嫌だ。気持ちはよくわかります。そこでご提案させてください。ショッピングモール・百貨店ウオーキングダイエットを!

屋内であればエアコンが効いているからヌクヌク。いくらでも歩けちゃいますよ。でも実際に全フロアを踏破したとして、どれだけの運動量になるのでしょうか?

今回実験をおこなったのはタカシマヤ タイムズスクエア。ちょうど複数のプレゼントを買うタイミングでもあったので、普段は立ち寄らないフロアにも入ってみました。いやー、ウィンドウショッピングは楽しいですね! 今のファッションのトレンドがわかるし、男性であっても興味深いショップばかりで。

さて、条件です。以下のようなルールで実際に歩いてみました。

・スタートは1階から。
・全ショップを巡るべく、通路となっている部分は極力踏破する。
・興味のあるショップには入って、プレゼントを買う。

簡単ですよね! ではさっそく行ってみましょうか!

侮っていました!意外にもいい運動になった!

化粧品、ファッション系に飲食店街。DIY系のアイテムが多く揃う東急ハンズのフロアも歩いてみましたが、1階から14階までの全フロア。巡っていくつかの買い物をするだけで1時間34分6秒もかかりました!

ショップ数の多い化粧品フロアや、ファッションショップフロアは本当にウィンドウショッピングをしただけ。小物やおもちゃのショップはじっくりと見て回りましたが、まさかこれだけの時間がかかるとは...。

歩いた距離は4km。消費カロリーは275カロリー。歩数は6572歩です。もちろん上下移動にエスカレーターやエレベーターは使いません。フロアの移動は階段オンリー!

これだけ歩くと疲れるし喉も渇くものです。上層階にあるカフェスペースにたどり着いたときの幸せ感ったらすごかったですよ! 全フロアを踏破するというゴールテープを切るまではお店に入れませんでしたが、それでも最終コーナーを曲がってあとはホームストレートをかけぬけるだけ! という心境で頑張り抜くことができました。

また発見もあったんですよ。タカシマヤ タイムズスクエアにはかなり前から訪れていましたが、ガーデン・テラススペースがあるだなんて、今の今まで知らなかった。今まで自分の興味のあるショップ、フロアしか回ってこなかったことを実感しましたね。

しかし、楽しい! 前述しましたが、普段みることなかったプロダクトをいろいろ見ることができたのが楽しかった! 冬場だけじゃなく、各シーズンで試してみたい、という気持ちですよ、いま。

RAY

http://jp.misfit.com/products/ray/

SHINE2

http://jp.misfit.com/products/shine2/

執筆者:武者良太

更新日:2017年1月23日

「michill編集部員のおまけトーク」

編集部員のみーちゃんが「MISFIT RAY」についておまけ情報を解説しちゃいます。

ガジェットライターの武者良太さんが紹介してくれた「MISFIT RAY」。今は、こんな高機能な万歩計があります。確かに、寒い季節はこたつでヌクヌクしがちで、「運動しよう!」となかなかなりません(笑)ですが、「MISFIT RAY」のような活動量計があれば、運動した量がわかるのはもちろん、消費カロリーもしっかりチェックできるので便利です。そこで、この優れもの「MISFIT RAY」をもう少し詳しくみていこうと思います。


■活動量計「MISFIT RAY」で測定したデータはアプリで管理

 運動などで測定されたデータは、専用アプリ「Misfit」にBluetoothで転送。スマホでいつでも、簡単に管理できます。しかも、運動した時の測定データ以外にも、食事、体重、安静時心拍数、睡眠、活動量まで手動で登録できるようになっています。運動時だけでなく、日々の生活の状況まで管理できるので自己管理がしやすいですね。


■とにかく見た目がオシャレ!ちょっとしたアクセサリーに

 「MISFIT RAY」は、見た目がとってもオシャレ。そのため、スタイリッシュな装いから、カジュアルなシーンで、いつでも身に着けていられます。活動量計ってことを忘れて、ちょっとオシャレなアクセサリーにしか見えません。しかもカラバリは豊富で、

 ・カーボンブラック

 ・ローズゴールド

 ・フォレストグリーン

 ・ネイビー

 ・ポリッシュステンレス

 ・ポリッシュゴールドステンレス

 の6種類から選ぶことができます。好みや、自分のファッションスタイルに合わせた色が選択できるでしょう。
さらに、バントも

 ・スポーツバンド

 ・レザーバンド

 ・レッドレザーバンド

 と3種類の中から選べるので、カラバリと合わせると、たくさんの組み合わせの中から選べます。


■「常にあなたと一緒に」がコンセプト 着けていても疲れないし充電も不要

 「MISFIT RAY」本体の重さは、わずか8g。これは、500円玉1枚とほぼ同じ重さです。このためずっと着けていても疲れないんです。また、電池式のため充電をする必要もありません。だから大事な睡眠までも、「MISFIT RAY」で管理できるんですね。もちろん、50M防水機能がついているので、運動をして汗をかいても、シャワーを浴びても大丈夫です。なお、「MISFIT RAY」の電池は、公式ストアで購入することが可能です。


■活動量計でダイエットを効果的に

 「MISFIT RAY」で自分の消費カロリーを確認できるのは、とても便利ですね。消費カロリーをみることで、自然と摂取カロリーを意識するようになったり、逆に摂取したカロリーから、カロリー消費しようという気持ちにもなります。この些細な意識が、ダイエットの促進や、より効果的に進める一歩です。


■活動量計を使ったおすすめダイエット

 これはもう、ガジェットライターの武者良太さんが紹介してくれた「ショッピングモール・百貨店ウォーキングダイエット」でしょう♪女性で「ショッピングが好きじゃない」って人は少ないと思います。じっくり品定めをしつつ、それがダイエットになる!まさに一石二鳥です。これからの時期、春に咲く花を見ながらの散策や、軽めのトレッキングなどを楽しむ機会も増えると思いますが、そんなときにも「MISFIT RAY」を着けていれば、運動量を確認できちゃいます。ただなんとなく「運動したなぁ」ではなく、数値を目にすることでダイエットだけでなく、生活リズムの改善にも役立つこと間違いなしです。


この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録