フルーツクロワッサンサンドウィッチ/甘いとしょっぱいの無限ループ

パフェやケーキなど、フルーツたっぷりのスイーツは数多くありますが、グルメ通の記者がオススメするのはフルーフ・デゥ・セゾンのフルーツクロワッサンサンド。サクサクの食感に、ジューシーなフルーツがたまりません。今回は、フルーツたっぷりのスイーツを堪能したい方必見のお店をご紹介。

この記事で紹介しているメニューの値段

  • フルーフ・デゥ・セゾン
  • フルーツパフェ 1,800円(税抜)
  • フルーツクロワッサンサンド 400円(税抜)

※2017年時点、公式サイトの金額表記となります。

季節の恵みを食べる!

実際にグルメ通の記者がお店に行き、注文し、見て、撮って、食べた、美味しいグルメまたはユニークなグルメだけをご紹介。今回は、「フルーフ・デゥ・セゾン」のフルーツクロワッサンサンドです。

疲れているときに食べたくなるのが、甘いもの。ケーキやチョコレートもモチロン良いけれど、旬のフルーツも美味。スイーツ大好き女子にとって、酸いも甘いも堪能できるフルーツは最高のご褒美。季節の恵みを食べれば、心も体も元気になれそう!

フルーツ好きに知られる名店

どうせならフルーツを生かしたスイーツを食べたいな、と思ったときに足を運びたいのが、東京・末広町にある「フルーフ・デゥ・セゾン」です。実はここ、フルーツが美味しい喫茶店として多数の常連客がいるほどの名店。フレッシュフルーツのおいしさを、思う存分堪能できるのです。

大田市場直送のフルーツ

大通りからすこし外れた、静かな路地に立つ「フルーフ・デゥ・セゾン」。築地・大田市場から直送の新鮮なフルーツを味わえるフルーツパーラーで、自慢はもちろんフレッシュフルーツと焼き立てパンです。

フルーツで直球勝負なメニュー

看板メニューは、溢れるほどフルーツが盛り付けられたフルーツパフェ。コーンフレークやジャム、シロップなどは使われておらず、フルーツで直球勝負している感じがステキです。ほか、フルーツ100%ジュースやフルーツの盛り合わせなどなど、フルーツづくしのメニューが多彩。

フルーツクロワッサンサンドイッチ

なかでも注目は、ちょっと小腹がすいたときにぴったりの「クロワッサンサンドイッチ」。中の具材をハム、ツナ、フルーツの3種類から選べるのですが、今回は迷わずフルーツをチョイス。

運ばれてきた「クロワッサンサンドイッチ(フルーツ)」は、思わず「うわあああ」と声を上げてしまいそうなかわいらしさ。自家製のクロワッサンは、一般的なクロワッサンより少し大きめサイズで、食べやすいように半分にカットされていました。サンドされているのはオレンジやリンゴ、キウイ、イチゴなどのフルーツとホイップクリームです。

良い意味で塩気の強いクロワッサン

昔ながらのしっとりとした生クリームと、新鮮なフルーツたち、そしてちょっぴり塩気の強いクロワッサンがうまく調和して、得も言われぬハーモニーを奏でます。

でも、主役はやっぱりフルーツです。オレンジもリンゴもキウイもイチゴも、それぞれにしっかりと存在感を主張していて、フレッシュだからこそのジューシーな果実味を楽しめました!

美味しさの秘密はフルーツの組み合わせ

どうしてこのフルーツクロワッサンサンドイッチが、他店では得られない美味しさを持っているのか。その秘密は、どうやらフルーツの組み合わせにあるようです。

オレンジ、キウイ、イチゴなどの酸味が若干強めなフルーツを組み合わせることにより、サワー感にグラデーションが生まれます。さらに小麦とクリームの相乗効果で複雑な甘さを作ります。単に酸っぱいだけではない秘密が、そこにあったわけですね。なるほど、美味しいはずです。

スイーツであり食事でもある

スイーツがたっぷりで見た目も華やか、小腹も満たされていい感じのメニュー。スイーツとして、食事として、万能なメニューといえるでしょう。

店名: フルーフ・デゥ・セゾン
住所: 東京都千代田区外神田4-11-2
営業時間: 月火金10:00~19:00 土日祝11:30~19:00
定休日: 水木

<グルメ担当記者FULL子 プロフィール>
日本のみならず、全世界の「おいしいもの」を求めて食べ歩くグルメ担当記者。実際にお店に出向いて食べ、撮影した料理しか記事にしないのがポリシー。美味しかった料理、興味深かった料理、心に残った料理しか記事にしないため、記者としてコスパがとことん悪いのが難点。


執筆者:グルメ部

更新日:2017年1月25日
公開日:2017年1月25日

新着記事

ログイン・無料会員登録