ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

脱!着ぶくれ!「なんか痩せた?」って言われちゃう♡冬の着痩せテク&アイテムの選び方

ニットやコートなど、着膨れが心配な要素が盛りだくさんの冬コーデ。実は、簡単なポイントをおさえるだけで、“痩せ見え”を叶えることが出来ちゃうんです!今回はmichill編集部ファッション担当が、着痩せして見えるスタイルアップテクニックをご紹介します。会うたびに「あれ、なんか痩せた?」と言われること間違いなし!

目次

ストライプ柄シャツワンピースで縦長効果

出典:WEAR

今年大流行のシャツワンピース。特に今季はかなり長めのマキシ丈がトレンド。

しかし、ホワイトのシャツワンピースだと膨張色ということもあって、少しワイドに見えてしまうことも…。

ベルトでウエストマークをすることで回避できますが、苦手な人もいるはず。そんな時は、ストライプ柄を選んでみて!

縦に入る無数のラインがIラインシルエットを作り出し、すっきり着やせを叶えます。ワイドパンツと合わせてもほっそり見えますよ♡

着膨れしがちなニットは細ベルトでウエストマーク!

出典:WEAR

今季も引き続きゆったりとしたシルエットのトップス&ボトムスがトレンドですが、ニットは特に着膨れして見えてしまうことも。

そんな時は、細いベルトをウエストに巻いてあげるだけで、ほどよくメリハリのあるシルエットに!ニットのくったり感も相まって、女性らしい印象を演出することができますよ!

ウエストマークする時は、ボトムスにタックインせず着こなしたほうがおしゃれに決まります!ちなみに、ボトムスは縦長シルエットを作るプリーツスカートが好相性です。

ウエストリボン付きアイテムを選ぶ

出典:WEAR

ベルトを後から巻くのが苦手という人は、あらかじめベルトやリボンが付いたデザインのアイテムを選ぶのもおすすめです!

結ぶ位置によって微妙に見せ方を変えられるのも魅力。

斜めに結んで気になるお腹をカバーしながら、くびれを作ってスタイルアップ。程よくたるませてブラウジングすることによって、より着痩せ効果が高まります。

アウターはすっきりシルエットのチェスターコート一択♪

出典:WEAR

冬と言えば欠かせないアウターも、選び方に気をつけてばっちり着痩せしちゃいましょう!

ボアアウターやキルティングジャケットなどのブルゾン系は、丈が短いのでそこまで着膨れを心配する必要はありませんが、面積が広いコート類は選び方にポイントがあります。

チェスターコートなら、ストンとしたストレートのシルエットで縦ラインを強調できるので着やせ効果バツグン。中に着ているものが程よく隠れるので、ブラックだけでなくカラーアイテムを投入しても大丈夫!

ダークカラーなら陰影ができるため、より着やせ効果が発揮されちゃいます。こっくりとしたブラウンやネイビーなど、真っ黒すぎないカラーを選ぶことで、今っぽい着こなしが叶いますよ。

異素材ドッキングワンピで細見え&モテを制する♡

出典:WEAR

ニットワンピースを着たい時に着膨れを防ぐなら、1枚でトップスとボトムスの役割を果たしてくれる「ドッキングワンピース」がおすすめです。

上下で異素材を組み合わせたデザインが、着痩せへの近道。特に明るいカラーがおすすめです。

バルーンスリーブになった袖デザインや、ウエストマークできるベルトなど、スタイルアップできる要素がいくつも組み合わさったアイテムもあるので、参考にしてみてくださいね!

今回は、着膨れが心配な冬でも簡単にスタイルアップできる着痩せテクニックをご紹介しました。

意識したいのは「メリハリ」と「縦長シルエット」。アイテムをそのまま着こなすのもいいですが、ちょっとの工夫でコーデも見違えます。ぜひ、試してみてくださいね!

記事協力:ZOZOTOWN

「#細見えコーデ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill ファッション

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

おすすめアイテム

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録